お受験ブルーズ

現役講師がお受験を通じて世間を眺めています。
大手塾勤務→独立→プロ家庭教師と変わって来ました。(作曲・編曲、シンフォニックメタルバンド「Allegiance Reign」のベーシストとしても活動しています。どっちも本気です)


テーマ:
 いろいろなテストが返ってくると、まず気になるのは平均点や偏差値である方が多いと思います。

 僕は以前ここでも書いているのですが、「素点主義」なのです。「何点とれたか」しか気にしません。現役時代もあまり平均点や偏差値を気にしたことはありません。もちろん、ある程度の指標にはしていましたが。

 このわけにはいくつかあるのですが、一番大きなものは「他人の失点を期待してしまう」「他人の不幸を喜ぶ」方向に自分の思考(志向)が向かってしまうのが嫌だからなのです。

 皆さんも経験があると思うのですが、平均点を見るとき、「自分より低ければいいなあ」と思ってしまうと思うのです。また、この志向が進みますと、「入試の日、俺以外みんなインフルかかんねえかなぁ」→「世界がほろびねえかなあ」(笑)となってしまいます。

 実際は、みんながインフルにかかろうと、一定の学力水準に達していないと合格にはならないのですが、人間とはそういうものであると思います。

 このように他人の不幸を反射的に祈ってしまわないようにしたい、とまあ純粋な理想高き中学期の自分は思ったわけでして、それは今でも継続しています。やはり指導者側には偏差値がある程度の指標にはなるのですが、学生本人にはあまりいらない意識かもしれません。

 親御さんもやたらと平均点、偏差値をご自分のお子さんたちに意識させてしまいがちなのですが、本人には「何点とれたか」だけが大事であることを強調しておいていただきたいと思います。前回のテストより少したくさんとれればいいではありませんか。

 他人を蹴落とすような思考はあまりいらないのではないか、現代社会にとって「発展」の因とはならないのではないか、と僕は思っています。
 この思考の背景の通りに、「自分はなるべく努力せずそのままで、他人だけが落ちていく」だけの社会とは、一体どのようなものになるか、を想像していただくとわかりやすいかと思います。それは衰退に他なりません。
 受験や教育でその因子を作ってはいけない、と僕は信じています。

 他人が頑張っているのであれば、自分はそれに負けないくらいすればいいのです。同じ努力をして上にいけないのなら、それ以上にすれば良いのです。
 また、知っておかねばならないのは、将来の目標は様々なのですから、他人と同じようにできていなければならないといういわれもありません。別に、人生の目標があり、それに向かっているのであれば、他人より上の成績をとる必要もありません。

 ということで、人生の目標、のようなものを見つけるほうが勉強より先にすべきなのです。

 東大しかない、医学部しかない、となったら? うーん、大変やでー(笑)でも、死ぬ気で中高6年間やれば、そこそこの才能でも行けると思います。

 いつも読んでくださってありがとうございます。



2月からの家庭教師の新規依頼を受け付けております。まずはコンサルなどからでも構いません。お気軽にヤフーのメアドまでお問い合わせください。

5年生や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。

教え子の医学部留学生がブログをはじめました。医学部にご興味のある方はどうぞご覧になってください。医学部生のきつさや海外生活なんかの赤裸々なところがわかるかもですよ、むふふ。
こちらです。
http://ameblo.jp/harryhawk-bp/entry-11385618245.html

お勉強BLOGЯanK
お受験ブルーズ-ランキング1
お受験ブルーズ-ランキング2
お受験ブルーズ-ランキング3
 

右上矢印いつもクリックありがとうございまーす]
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ジュクコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。