2020年住宅・暮らしのトレンドを大胆予測!? | 住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業は、静岡県三島市を拠点に新築・注文住宅・リフォームなどをご提案する地域密着型の住宅会社(工務店)です。

今回は年始の特別企画。2020年の住宅・暮らしがどう変わっていくのか、3つのトピックから予測してみました。

 



5Gスタートで暮らしがさらにデジタル化する!?
あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した次世代型サービスを開発する企業連合が、2020年春ごろに発足します。

次世代通信規格5G」で膨大なデータが使いやすくなるため、さまざまな業種のIoTへの参加が予想されます。
今年以降、人々の暮らしを変えるような商品やサービスが生まれるかもしれません。

 

 


便利な水まわりのシステムで時短家事が進む!?
昨年、リクシルから「壁掛けトイレフロートトイレ)」が発表され話題となりました。
ほかにも、電気分解された除菌水が出て排水口の汚れを抑制する自動水栓や、汚れのつきにくい素材の浴室設備などが一般住宅にも浸透しています。水まわりのお掃除が楽になり、時短家事がさらに進んでいきそうです。

 

 



ドアもスマートキーの時代へ!?
スマホやカードで操作できる「スマートキーの玄関ドアが、各メーカーから販売されています。

扉が閉まると自動で施錠される「オートロック機能」や、車のドアのように少し離れた場所から鍵を開閉できる機能などがあります。IoTの普及で、どの一般住宅でもスマートキーが当たり前になる時代がやってくるのかもしれませんね。

 


2020年を境に住宅は驚くほど進化し、どんどん便利になっていきます。

住宅や暮らしに関する新しい情報が入るたびに、弊社スタッフもワクワクしているんですよ♪
住起産業では、一昨年から他社に先駆けて、住宅へのIoT標準装備を推進してきました。

モデルハウス「WONDER(ワンダー)」では、IoTを装備したスマートハウスが体感できますので、ぜひ見学にお越しください!

IoTについて詳しくは
>>> https://ameblo.jp/jyukisangyo/entry-12542472858.html


モデルハウス見学のご予約やお問い合わせは

>>> http://www.jyuki.jp/contactus.html