【家づくりのヒント】「ハイドア」がお部屋にもたらす効果とは? | 住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業は、静岡県三島市を拠点に新築・注文住宅・リフォームなどをご提案する地域密着型の住宅会社(工務店)です。

最近の内装のトレンドとして、「ハイドア」が人気を集めています。

 






「ハイドア」とは、天井いっぱいの高さまではめ込んだドアのこと。狭小住宅や「お部屋をスッキリとおしゃれに見せたい」というお施主様の理想を叶えるアイテムのひとつです。



ハイドアを設置すると、上部に下がり壁がないのでドアを開けた時の奥行きが広がります。また閉めているときも、壁の高さが強調されて天井が高く感じます。



デザイン性が高く、シンプルでおしゃれに見えるところもポイントが高いですよね。

すべてのドアをハイドアにするのではなく、リビングや主寝室など家の中でもメインとなる場所の1〜2箇所に設置すると、視覚的なアクセントになりバランスの取れたお部屋づくりができます。

2019年7月に行った三島市の住宅の完成見学会でも、ハイドアを設置したお部屋が大好評でした。

H様邸着工NEWS>>>http://www.jyuki.jp/currently-working/13062/

ミニマムなデザインのお家を作りたい!という方も、ぜひ弊社にご相談ください。

お施主様にぴったりのプランをご提案いたします。

ご相談・お問い合わせはこちら>>>http://www.jyuki.jp/contactus.html