住起産業の耐震補強。リフォームで地震や災害に備えよう! | 住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業は、静岡県三島市を拠点に新築・注文住宅・リフォームなどをご提案する地域密着型の住宅会社(工務店)です。

9月は「防災月間」です。

9月1日は大正12年に関東大震災が起きた日。その教訓を忘れないよう、昭和35年(1960年)に「防災の日」が制定されました。近年では東日本大震災や熊本地震のなど大規模災害の発生により、防災に対する意識が高まっています。
大規模な災害が発生したときに少しでも被害を減らすため、日頃からの備えとしての住宅メンテナンスは非常に重要です。

 


建築基準法が大幅に改正された1981年以前に建てられた家の場合、新基準に適応しない可能性があります。また、凸凹が多く複雑な形状の家や、1階がガレージになっていたりする家は、壁の量が不足して強度が弱まっている場合が多いのです。窓が多く壁の面積が少ない家は、柱や筋交いが減らされている可能性が考えられます。
弊社では、耐震診断に基づいて最適な補強計画をご提案しています。

 

 


お住まいの状況を詳細に調査。耐震診断で住宅の耐力を数値化し、お客様のお住まいの状況を検討します。リフォームのご計画範囲や補強方法をお客様のお住まいに一番ベストなものをご提案。その内容に基づいた耐震リフォームを施します。
お家を建てて10年以上経っている、一度リフォームしてから何年も経っているという方は、ぜひ弊社にご相談ください。

 

 



9月14日(土)15日(日)には裾野市佐野にてお家の構造見学会を開催します!

>>> http://www.jyuki.jp/information/13779/

耐震チェックポイントのご紹介

>>> http://www.jyuki.jp/reform-jishin.html