三島・裾野で家を建てるなら住起産業!洗濯動線と収納、時短のコツ その1 | 住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業は、静岡県三島市を拠点に新築・注文住宅・リフォームなどをご提案する地域密着型の住宅会社(工務店)です。


テーマ:

こんにちは!住起産業です(^^♪

洗濯機を回す回数が増えてくる季節になりました。そこで、今回と次回の2回にわたって、洗濯から収納までの「洗濯動線時短のコツ」をお話します。

洗濯は朝7:00から10:00までの間に行うご家庭がもっとも多い、という統計が出ています。最近では、帰宅後の19:00から22:00までの夜間に洗濯機を回すというご家庭も増えているそうです。

洗濯物は各部屋に溜め込まないよう、掃除や朝の支度など家事のついでに回収。1日の中でいつ洗濯機を回すのか、スケジュールを考えておくとスムーズです。

 

1.脱衣と洗濯物の回収

洗濯機の近くに「脱衣場所」を決め、着替えをそろえておくと洗濯物が自然と回収できます。さらに、1階の掃除のついでと、2階の各部屋の掃除のついでに衣類・シーツ・タオル・布きんなどの洗濯物を回収します。2階に浴室と脱衣所がある場合は1階から片付けると効率が良くなりますよ。

 

 

2.洗濯機で洗濯

洗剤は洗濯機から手の届く範囲に置きます。洗剤はよく溶かして混ぜてから洗濯物を入れると嫌なニオイ残りがなくなるそうです。また、「毎日洗うもの」と「週末まとめて洗うもの」に分けて1日に洗濯機を回す量を減らすのがコツ。嫌なニオイが出ないよう、何日も溜めすぎないようにしましょう。

 

 

3.干す準備

洗い終わったら、洗濯かごに移すのではなく、時間を短縮するために洗濯機から洗濯物を取り出し、シワを伸ばしてハンガーに掛けます。洗濯機の横に干す準備でハンガーを書けるパイプとハンガー、ピンチ、洗濯カゴの収納場所を一緒にしておきましょう。

 

 

弊社のモデルハウス「WONDER(ワンダー)」は、脱衣から洗濯、乾かす、取り込んでたたむ、収納までの一連の洗濯動線がスムーズになるような間取りになっています。動きやすさと収納のしやすさにこだわった間取りを、実際に歩いて実感してみてください。見学は常時ご予約を受け付けています。また7月19日(木)にはWONDERの夜間見学会も開催します!

 

次回は洗濯物の乾燥から収納までのコツをお話します。お楽しみに!

 

モデルハウス「WONDER」見学希望はこちら>>>>> http://www.jyuki.jp/contactus.html

※「WONDER見学希望」とご入力ください

 

 

住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅 不動産さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります