静岡県三島市の建築会社・住起産業の新モデルハウス「月イチレポート」総集編! | 住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅・不動産

住起産業は、静岡県三島市を拠点に新築・注文住宅・リフォームなどをご提案する地域密着型の住宅会社(工務店)です。


テーマ:

こんにちは!住起産業です(^^♪

 

2017年10月に着工した、三島市北沢の分譲地「サンステージ向山」の新モデルハウスが、今月ついに完成します!

 

「家づくりの体験を読者のみなさまと共有したい」との思いから、半年にわたりモデルハウスの建設・施工の様子をお伝えしてきました。

今回は、新モデルハウスができるまでのレポートの総集編をお送りします。

 

 

三島市北沢の分譲地・サンステージ向山に新モデルハウスの建設が決まったのは、昨年夏の終わり。10月初旬になり、まずは実際に家を建てる場所で、地鎮祭を執り行いました。

そのあと着工し、躯体(骨組み)が組み終わったところで、11月11日(土)・ 12日(日)に構造見学会を開催。たくさんのお客様をお迎えしました。

 

 

 

 

11月半ばには「上棟式(じょうとうしき)」が執り行なわれました。上棟式は、建築には欠かせない大切な行事として古くから執り行われており、この新モデルハウスでもたくさんのご来場と安全を祈願して、乾杯をいたしました。

 

 

 

そして寒さも厳しくなり始めた12月。サンステージ向山の新モデルハウスでは「断熱工事」が行われました。

 家が完成すると見えなくなってしまう部分だからこそ、弊社独自のこだわりがあります。それをぜひ、読者のみなさまにもお見せしたい!そんな思いで撮影しました。

 

 

 

2018年1月、5回目のレポートではいよいよ最終段階に突入。断熱工事も終わり、内部下地工事が行われていました。プラスターボードが取り付けられて部屋の間取りが分かるようになり、少しずつ住宅らしくなってきました。

 

 

6回目となる先月は、LIXILの沼津ショールームで行った、住宅設備の選定会の模様をレポートしました。議論を重ねて決定した、新モデルハウスのコンセプトにぴったりのキッチンやお風呂、トイレなど。企画チームにて試行錯誤しながら、お客様に「素敵!」「うちにも取り入れたい!」と思っていただけるような、最高の設備を選びました。

 

 

3月10日(土)・11日(日)の完成見学会で、お部屋のすみずみまで、ぜひご覧になってください!

 

いかがでしたか?今回初めての試みでしたが、このレポートが、みなさまの家づくりに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

 

3月10日(土)・11日(日)三島市北沢、向山新モデルハウス完成見学会のお知らせ>>>http://www.jyuki.jp/information/10543/

 

三島市 サンステージ向山 全133区画>>>http://jyuki.com/mukaiyama/

住起産業株式会社 三島・沼津の新築注文住宅 不動産さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります