小2の娘と小4の息子の国語力の差につながっているであろう要因の1つ。

------
娘「(DASH村の稲刈りなどを見ながら)そうやって使うんだ! 昔の人、賢いね!」
→ 博物館かどこかで見た農具を覚えていて、それとつながったらしい
------
娘「その言葉、そういう意味だったんだ!」
わたし「…その言葉どこで知ったの?」
娘「『赤毛のアン』にあったんだよ」
------


息子は皆無!!!


こればかりは教育して、という話ではないですな。

が、そんな息子も国語力がずいぶん上がりました。
国語の難易度には天井があって、しかも高くないので、センスがあってもなくても関係ないですな。

国語の模試と入試問題を解かせている理由(中学受験)。

ただ、中学受験だと間に合うかどうかの問題もあります。
ゆえに、はやくからはじめたほうが有利!

国語力は一朝一夕で身につくものではないですしね(算数もそうですが)。

もちろん、やりかた次第ですけど。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集