小2の娘が、「名前、書いてて」とカードをもってきました。

見ると、衝撃!!!

九九のカードでした。
 

ま、まだ九九だったのか!!!

2桁のかけ算くらいはやっていると思っていた!!!


小4の息子は頼りなくて、低学年のときは学校の進度を把握していました。
一方、娘はしっかりしていて任せっぱなしなので(宿題の丸付け、ハンコ押しもお任せ)、九九のカードを見て衝撃を受けた次第です(※)。

※2年も経っているので、進度はすっかり忘れました。

 

2桁のかけ算を暗算する練習をしているのに、九九のカード。

拷問ですな。


で、わたし自身は学校教育にかなり否定的。

ブログではいろいろと書いていますが、子どもたちにはつぎのように話しています(※)。
※国語の学習のおかげか、ようやく、このようなことを話せるようになりました。

-----------
・「ひっ算をていねいに書いて何になる? 時間の無駄だ!」と思うのはごもっとも。でも、そうしないといけない同級生もいる。まわりに合わせることも大切。学校では、集団行動の学習もしている。
・先生による「教科書の文章を書き写す」は愚の骨頂。が、社会人になれば、間違っていることを言っている人にも従わないといけないことが多々ある。その練習。

・表面上は従っても、心のなかでは集団行動という名の同調圧力、愚かな「上」には屈するな。

-----------


とはいえ、つぎのようになるのが常ですな。

-----------
・親の言うことを聞かず、痛い目にあう
・大人になってから、やっぱ、親のいうことは正しかったよな、と思う
-----------

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 

お勧めの問題集