少子高齢化で、子どもの人口は激減。
大学受験は、ずいぶん易化しました。
「推薦で」も、かなりの割合を占めているそうですしね。


子どもたちの大学受験まで、あと10年ほど。
「10年ではさほど変わらないだろう。そんなに勉強、勉強と言わなくてもよさそうだな」と高を括っていましたが…。

 

ただでさえ少子高齢化で沈みゆく日本経済。

そこに新型コロナで、どうなるのだろうと思います。

想像したくはないのですが、新型コロナで一時的に競争率は下がっても、以下で受験が激化している可能性もあります。

 

--------

・子どもたちが大学受験のときは大学の統廃合が進んでいる

・危機感があるひとが激増

--------

 

もっとひどい場合――近くの国のように、「仕事を得るために、熾烈、過酷の受験戦争で勝ち抜かないといけない」になっている可能性も否定できないよな、と思っています。

 

そういう未来を考えれば、「子どもからゲームを奪うなんて!」」「親の関与は!」「友達が!」とか、言っていられなくなります。


「子どもが可哀そう!」

そういう層の意見に流されそうになったこともありますが、「『可哀そう』とは、一体どういうことなのだろう?」と思うようになりました。

ひとは困ったときにはじめて動こうとするものですが、子どもたちが困ったときだともう手遅れですしね。

 

今、子どもたちができること。

今、子どもたちにできること。

 

今一度、しっかり考えようと思っています。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!