文科省は「学習の遅れは長期的な視点に立って解消してね」という方針ですが、夏休みの短縮の記事を見かけます。
小6、中3、高3だと、まだわかりますが、それ以外の学年だと…(それでも、中1、高1で3ヶ月分の授業をすれば済む話!)。

おかしくね?

(大量の宿題)=(そこはもう勉強したことにしてね)ですよね?
休校の間のカリュラムはこなしているのだから、土曜授業、夏休みを短縮するのはおかしくね?


「勉強させることができなくて…」という家庭もあると思いますが、休校が終わったらテストを課して、点が悪い子どものみ補習をかけるのが筋ではないか、と思います。

それにそもそも文科省が「遅れは長期的な視点に立って解消してね」といっているのだから、なんで、土曜授業、夏休みを短縮してまで授業するんだ?

「土曜授業、夏休み短縮」と言っているアホへ!

当然、アンタらも、土曜返上、夏休み返上、有休使わず、エアコンも使わず、働くんだよね?
子どもにそんな酷なことをさせるんだから、日曜も返上して働くよね?
当然、その間は無給で。


先生も働くことになるので、ふつうの感覚がある先生も、ぜひ、反対を!

 

…と怒りながら書いていましたが、うちの小学校はまだ方針を出していません。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!