春の特訓では、特訓の途中経過と効果(結果)を公開します!

 

■小2の息子

浜学園の公開学力テスト(小5)は以下です。平均は65点ですね。

-------
・2月:68点
・3月:60点
・4月:68点
・5月:64点
-------

「本番」の模試までには、小4は8割、小5は7割までもっていけると思います。たぶん。

ちなみに、息子の得手不得手もわかってきました。
パズル・思考力系の問題にありがちの、「これ、国語じゃないの?」という問題は苦手ですね。
これは、国語力がのびれば自然にできるようになると考えているので放置です。
塾だとクラス替えに影響するので、自然にできるようになる問題でも、かつ、(現時点では)苦手で出来るようにするまで時間がかかる問題でも、できるようにせざるを得ないでしょうけど。

■年長の娘

浜学園の公開学力テスト(小4)は以下です。平均50点くらいですかね。

------------
・2月:56点
・3月:48点
・4月:48点
・5月:52点
・6月:64点
・7月:56点
・9月:40点
------------

で、ゆっくりですが、さまざまな壁を乗り越えていっています。
また算数の思考力も、ジワジワのびているのを感じます。

が、時期尚早ですよねー
ほかの教材をさせたいのですが、本人が「浜学園の公開学力テストを受ける!」「がんばる!」と言っているので解かせています。
※平均60点を超えないと受験させないと言っています。娘、勉強したいわけではなく、模試の帰りの美味しいスイーツが目的ですけどね! 笑

公開学力テストを解かせて意味があるのは、インプットが一通りが終わる、つまり基本が固まってからだと思っています。

まだ穴だらけの娘には効果がないのでは、と思っていますが(もちろん、効果がある可能性もありますが)、たとえ効果があまりなかったとしても、そのときになれば別の年度の公開学力テストを買えば済むので、好きにさせています。

 

■過去問を通して平均点はあがるのか?

 

「春の特訓は効果があったのか?」

 

それを知るために、別の年度の模試も買いました。

息子は二年分、娘は一年分の過去問が終わったら、チャレンジさせようと思っています。

これで平均点があがれば「即効性の効果あり!」、あがらなければ「即効性の効果はなし!」になると思います(遅行性の効果については、あるかないか、知る術はありません)。

これも特訓の結果として、どこかに公開しようと思っています。

ただ、勉強時間が限られているので、残りの休みだけで終わるかなーとは思いますが。


■小6の模試が問題!

浜学園の公開学力テストは、小5の後半から難易度が一気にあがるので、「小6の模試はどうしようかなー」と悩んでいます。
算数だけとはいえ、トップ層にも、さすがに「小3で、浜学園の公開学力テストにて小6の偏差値60=開成に合格圏内」はいないでしょうし(いそうなところが怖い 笑)。

-----------
※これは公開学力テストの偏差値ですかね?
https://resemom.jp/feature/hamagakuen2020_men/
-----------

全国統一小学生テストは1年の飛び級しか認められていないですしねー

どうしよう。

 

とはいえ、これは、あくまでお遊び。

受験算数が一通り終われば、数学の勉強をはじめる可能性もあります。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!