物理の勉強をはじめようと思って何冊か参考書を買ったのですが、頭痛が…。

で、ようやくわたしのレベルの参考書が見つかりました!

 

 

…これでもまだ血を吐きそうになりますね。

もっとかんたんな参考書が欲しいところですが、なんとか読んでいます。


で、この参考書を読んでいるとき、妻に「本当に理系の大学を出たの?」と言われました 笑

 

楽な大学を選びましたからねー

持ち偏差値で大学を選んでいたら、留年しまくりからの中退だったことでしょう。

 

そんな大学でも留年しそうになりましたけどね!

 

さて、本題。

先日記事にしたトップ層であろうかたのブログ。

小4のときの勉強時間を見ると、うちの2倍は勉強させていたようです。

 

が、「小4の今、受験期でもないのに勉強させると息切れするので、この勉強時間」と書いていたと記憶しています。


--------------

・わたし → こんなに勉強させて息切れするんじゃないか…(びくびく)。わたしの人生でこんなに勉強したことがないよ…(罪悪感)。

・筑駒・開成を受験しそうな家庭 → うちの2倍の勉強量でも、「息切れするからこの勉強時間」

--------------


なぜこのような差が生じているのか?
親の出来のちがいなのでしょうね 笑

----------

<おっさんが受験生のころの話>

・わたし → 授業だけでも死にそうなのに、授業以外で1日1時間の勉強? 無理、無理、無理!!!

・そのひと → 1日10時間の勉強!
----------

 

息切れする・しないの議論には、個人差があるにせよ、せめて勉強時間(絶対値)くらいは必要だよな。それさえなく、『小さなころから勉強させると息切れします!』『受験期ではないのに勉強させると息切れします!』などと言うは妄想以外の何物でもないよな」と思います。

 

心の病気も同じ。

うちはその兆候さえないのですが、心の病になる家庭よりも勉強時間がかなり短いのでしょうな。

 

以上、びびって損したという話でした。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

※修正しました。小さなお子さんがいるかたにお勧めの記事です。

<算数>
低年齢からはじめる中学受験対策。家庭学習で使われている算数の問題集

予習シリーズと併用するために購入した市販の算数の問題集

<国語>
低年齢からはじめる中学受験対策。家庭学習で使われている国語の問題集
偏差値が劇的にあがった夏休みの国語の特訓で利用した問題集


----------
 

中学受験に強い私立小学校。

将来、ヤバいですよね。
何がヤバいのかといえば、「さらなる格差拡大」。
どういうことか?

親塾をして、小学校の授業時間に如何に無駄があるのかがよくわかりました。
もしこれを有意義なものにしたら、どうなるのか?

めちゃくちゃ子どもの学力があがるでしょうな。

つまり、仮にあらゆる私立小が、勉強以外のこともしつつ学力をあげられるような「ガチで学力をあげられる先生」をそろえれば、難関の中高一貫校は私立小出身者で占められ…(省略)…難関大は「小学校から私立」という莫大な教育費を支払える家庭だらけになることでしょう!(すでに「中高一貫校だらけ」になっているのにね!)

学歴をまるで身分のようにいう心の貧しいひとたちもいますが、ここまでくるとガチの現代の身分制度。

幸いなことに私立小の先生も腕がなさそうなのでそういう日は当分こなさそうですが、中学受験に強い私立小学校の記事を読むたびに、「将来ヤバくね?」と思います。


↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

 

小2の娘。
以前は「奇数番号の問題だけ不正解」みたいな不思議なことがありましたが、やる気の問題だと判明しました。

で、3年近くの血と涙の努力で、「やる気スイッチ」を修理しました。
スイッチが入れば、ほとんどミスしません。
まだよくスイッチが壊れますけどね 笑

一方、小4の息子は、ケアレスミス王。

「不正解→解説なしで解きなおし→正解」ばかりです。

 

「どうにかしないとな」

 

というわけで、2人の小さなころからの行動を分析することで、ケアレスミスの対策をたてました。
それを息子に施すことで、ずいぶんケアレスミスが減りました。

今は、ケアレスミス貴族くらいですね。

 

このまま続けてケアレスミス農民にランクアップすれば、浜学園の算数の模試(小6)で偏差値60を超えるのではないですかね(※)。

※夏休み以降の模試だとそこまでいかないかも(未実施なので不明)。小6と勉強量がちがいますからねー

 

というわけで、ケアレスミスの対策。

小学生は中学生以降と対策がちがうので興味深いですね。

 

ちなみに、有名なプロによるミスの対策の記事を読むと的外れだよな、と思います。

できる子どもに解法を語ることはできても、まともに指導できないのでしょうな(※)。

※もちろん、プロがみんなそういうわけではないと思います。


↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

受験で出ないから覚える必要はない?
遊びに行った場所のことくらい知っとけ!!!

…わたし自身、遊びに行く場所のことなんて知らないのですが、親塾では自分を棚にあげまくっています 笑



九十九里浜ですね。

遠くに見えるのが屏風ヶ浦です。

 
九十九里浜の海岸浸食が問題になっているのは知っていたので、帰宅後、調べて教えました。


---------
・海岸浸食の原因は、屏風ヶ浦、太東崎などのために投入されたテトラポッド。それと太東漁港・飯岡漁港・片貝漁港の拡張工事
・対策として、ヘッドランドの設置と養浜
---------

環境問題ですな。

 
親塾のおかげで、子どもたち、こういうことが理解できるようになってきていて親子の会話が増えています。
 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

真偽はわかりませんが…。

----------
以前、灘中学に合格したいご家庭で国語の家庭教師をしましたが、12月の授業料は90万でした。
https://twitter.com/manostudy1234/status/1450818057551503365
----------

ネットサーフィンしていると「国語専門塾」「国語の家庭教師」などの言葉を見かけるので、1か月で90万円は極端にしても、塾以外にかなりのお金をかけている家庭は一定数…いや、相当数かな? あるのでしょうね。

最難関中を目指す場合は特に。

で、お金をかけたとは口が裂けても言わず(←恥ずかしいと思っているみたい)、「何もしていないのに灘中」みたいな感じでマウントをとりあっているのでしょう。

怖い、怖い。

そんな状況のなかの我が家。

昨日、小4の息子が申し訳なさそうな面持ちをしながら、「悪いことしてしまった…」と言ってきました。
「何の話?」と聞くと、PCでウェブサイトを開きました。

「ここの色が変わっちゃって…」

はじめは何のことかわからなかったのですが…。

---------

・ブログの記事を書くために検索。あるウェブサイトを開く。
・リンクをクリック。リンクの色が変わる。
・リンクの色が変わったことを持ってしてウェブサイトを改変してしまったと思いこむ。
・つまり、「勝手にウェブサイトの色を変えてしまった。もとに戻せない。運営者に申し訳ない。どうすればいいのかわからない」みたいに思っていた。
---------

笑。

 

小2の娘。
兄の真似をしたくて仕方がないのでしょう。
ブログの記事を書いていますが、兄と同じ生き物ネタだと続かないようで、今は「わたしの好きな果物」を書いています。

 

学校の宿題かよ 笑

 

で、「書くネタがないなら別のことをすれば?」と言いましたが、「ブログする!!!」と言っとりました。

 

どんだけ兄の真似をしたいんだよ。

 

…いつもなら、『ダイの大冒険』を見る時間なのに、ひたすらキーボードでポチポチ。
「飽きずに、よくやるわー」と思っていましたが、そんなわたしもこの記事を書くためにポチポチ。

遺伝ですね 笑

いや、親の背中を見てそういう風に育ってしまったのかな 笑

 

…そういえば、昔、家庭教師をしていたとき、「(偏差値がいちばん低い)公立高校になんとしてでも入れたい!」という家庭がありました。

 

子どもの状況をみると、家庭教師の時間だけではとても追いつかない!

で、「家庭教師の時間だけではとても足りません。わたしがいないときに、これを解かせてください」とプリントも渡したのですが、保護者の心が折れてしまいました。

 

その家庭から、月20万円ほどいただいていましたが、肝心の子どもは…。

 

「親の心、子知らず」ですな。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集