親塾をはじめて1年近くになりました。
ネットとリアルの両面で情報収集してきましたが、驚くことばかりでした。

 

たとえば――。

 

毎日子どもたちと遊び呆けていて、「小さい子なんて、すべからず鼻水を垂らしていて、何も考えていないもの」と思っていましたが―。

 

------------

・未就学児なのに、分数の計算ができて、ふつう。中学数学の計算ができる子どもも!

・未就学児が図鑑を読むのも、ふつう

・小2で偏差値60ほどの算数の入試問題を解く(トップ層)

・小学生で、英検2級はふつう。英検準1級、1級もいる

------------

 

親の努力もすごい!

 

------------

・幼少のころから、教養と称した勉強漬け(わたしは真似できない!)
・未就学児からの公文式、小1からの大手塾や算数塾

・低学年から容赦ない勉強をしている家庭もある。たとえば、浜学園のトップ層。

------------

 
受験期になると、いや、受験期ではなくても「わたしなら、逃亡するな」というくらいの勉強量。
もともと、できる子どもが、ありえないほど努力しているという話も!

 

で、こういう世界は、どのレベルなのか。

 

まずは、偏差値。

こんな感じでしょうか。

※偏差値は四谷大塚。低学年の偏差値は除外しています。

------------
1.トップ層(全国100位以内など) → 難関国立大の医学部を目指す

2.偏差値65~ → 東大、国立大の医学部を目指す
3.偏差値60~65 → 難関国立大、早慶を目指す
------------

 
どうやら上記1、上記2の世界のようです。

多くのひとはトップ層の競争に参戦することはないと思うので、「何が何でも医学部や東大」というひと以外は、焦る必要はないですよね!

難関国立大、早慶であれば、小学生のころは勉強しなくても大丈夫だと思いますし(ただ勉強の習慣はつけておいて、分数などのつまづきはないようにしておく必要はあると思います)。

 

ちなみに――。

 

わたしがしている、「狂った」先取り学習は、トップ層の競争では有効だと思います(それ以外だと、やりすぎだと思います)。
とりあえずの完成まで、あと1年はかかりますが、現時点のノウハウだけでもライバルにかなり差をつけることができると思いますし。
 
---------------
・塾で受験勉強のカリキュラムがはじまる前に、小4、小5の基本はできているので、授業も宿題も瞬殺。応用問題に時間をさける
・記憶も強化される
---------------
・受験算数を単に進めるのではなく、「理解」することで、算数の思考力がアップ!
・現学年の応用問題もきちんと解けるようになる
---------------
 
で、塾がはじまったら、よほどの余裕がない限り、現学年に力を入れたほうがいいと思う、というより、時間の関係で1学年の飛び級が限界だと思うので、低年齢限定の話ですね。
で、低年齢の子に高度な算数を教えるには、教えるスキルがないと難しいとも思います。
というわけで、中学受験のパイはただでさえ小さいのに、そのさらに…、なので、「ノウハウを公開してもなー」となった次第です。
算数の教えかたは汎用性があるのかもしれませんけどね。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

土曜日、妻が風邪で寝込んでいて、子どもたちは家遊び。
ものすごく暇だったので、教えかたを1つ増やしましたが、半分ほどできたところで、力尽きてしまいました。

「中途半端だよな。先をつくるの、面倒だし、削除しちゃえ!」

で、削除しましたが、今日、続きをつくってみました。
子どもに「なんで、●番目と▲番目の真ん中は、(●+▲)÷2って計算するの?」と聞かれたときに、どうぞ。

あとは、幼稚園児や小1の子どもに基数と序数を教えないといけないときの練習としても使えます(基数と序数を教えたあとに!)。

 

中学受験の算数をこうやって教えています!

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

ドイツといっても、ごく一部でしょうが、ドイツの保護者会!

------------
・自分の子どもを卑下しない
・反対に自分の子どもの自慢をしない
・他人の子と自分の子を比較しない
・先生たちの愚痴を言わない
・他の子どもの噂話をしない
・他の保護者の噂話をしない
引用:https://ameblo.jp/sunny-letter/entry-12543593817.html
------------

いいですね!

一方、日本。
基本、ボッチなので(ボッチ万歳!)、わたしの少ない体験談です。

・自分の子どもを卑下しない
→「うちのバカが何かしでかしたんですか?」とかですかね。昭和だと、あるあるですが、子どもは自己肯定感が低くなりそう。


・反対に自分の子どもの自慢をしない
→どこに行っても自慢するひとはいますよね。それで満足するわけなので、わたしは熱心なふりをして聞きますが、こういうひとたちって「穴があいたコップみたいなもの」で、永遠に満足しないですよねー

ちなみに、わたしはドヤって大金がもらえるなら、ドヤります 笑

 

・他人の子と自分の子を比較しない
→「×さんのお子さん、優秀! うちの子どもは×さんとはちがって」ですかね。こういう話は苦手です。ドヤるのが大好きなひとは喜びそうなので、そういうひとのためにつくられた会話なのかもしれませんけどね。

・先生たちの愚痴を言わない
→先生の愚痴、悪口、プライベートの話が多いそうですねー
おもに宿題の件だけですが、ブログで小学校の悪口を書きまくる、わたしが言えることではありませんが 笑、プライベートの話を知ってどうするんだって思います。


・他の子どもの噂話をしない
→他の子どもに、よほど興味があるのでしょうねー わたしは興味がないので、話す気にもなれません。

・他の保護者の噂話をしない
→「Aさん、不倫してるの!」ですかね。誰がどこで何をしてても、わたしには何の得にも損にもならないので興味ありません。

…小学校のPTAの役員になっていないので、今のところ、噂話、悪口などとは無縁ですが、役員になると避けて通れないのかもしれないなー、めんどうだなー、と思っています。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

晴天なのに、妻が病気…。
すこし回復したので、カフェ、書店、買い物にいきました。

で、わたしは、書店で『中学受験を成功させる算数の戦略的学習法・難関中学編』を立ち読みしましたが、購入には至りませんでした。
良い本と思いましたが、ほとんど知っていましたし。

そして、帰宅。
子どもたちは家で遊んでいて暇なので、長文です。

熊野さんの主張。

-------------
難関中を目指す場合は――。
1.小3までに計算問題を終わらせる
2.小5で、受験算数を一通り完成させる。 「基本⇒標準⇒応用⇒発展 」とステージをあげていく
-------------

上記1。
本が出版されてから12年後の現在、「幼稚園で小6までの計算問題」をチラホラ見かけます。
低年齢化が進んでいますねー

上記2。

わたしの「小4~小6の受験算数を一通り終わらせる(偏差値50で通過) → 偏差値60にあげていく →…」という、方針とほぼ同じですね。

全体を俯瞰(ふかん)させようと思えば、こうなりますよねー

で、受験算数の先取り学習しているかたたちは、つぎのような効果も狙っているようです。

--------------
<熊野さんの公式サイトより>
先取りの目的は「受験勉強全体の効率化」です。先取りを破綻なく進められれば「塾の授業・課題が復習の役割を果たす→塾の課題にかかる時間が短縮されて余剰時間が生まれる→その時間をさらに先取りに充てられる」というサイクルが生まれます。そして、この「常に先行投資を繰り返す」というサイクルが加速されれば、他の受験生に対して圧倒的な格差を作ることができます。
引用:https://www.kumano-takaya.com/blank-4
--------------

 

わたしはリアルに何も考えていませんが 笑、そう言われればそうですよね。

※受験算数をガンガンに先取り学習していても、中学受験するかどうかも怪しい 笑


-----------
<熊野さんの主張の要約>


1.典型問題
2.中間問題
3.非典型問題(試行錯誤しないと解けない)

 

難関中は上記2と3が重要。
上記2、3のためにパズル系の問題が有効。
-----------

これは、わかります。
上記1が終わってから、算数オリンピック(パズル系)の問題に取り組むかどうかを検討しようと思っていますし。
※偏差値60を達成したあとは、そのまま中学受験の方向性か、それとも大学受験に舵を切るのか迷っています。ちなみに、当初の計画では「算数のセンスが足りなさそうなら、大学受験のほうを進める」となっています。

 

で、違和感があるのは「低年齢はキッズBEEみたいなパズル系の問題」です。

そもそも上記1を解ければ、たいはんの中学校には合格できるわけなので、ふつうに考えれば、まずは上記1をおさえて、その後に上記2に取り組む、すなわち、パズル系の問題という感じの流れだと思います。

それなのに、低年齢のうちはパズル系の問題。

典型問題は解いてはいけない(害だそうで 笑)。

おかしく感じるのは、わたしだけですかね?


仮に、パズル系の問題を解けないと灘中の算数が解けるようにならないとしても、灘中を狙えるレベルになってから、勉強すればいいのでは、と思います。

--------------
熊野さんの主張
・方程式は強力な武器になる
・方程式と算数の比は実質同じ
--------------

熊野さんは、つぎなのでしょうね。

--------------
・すでに仕上がっている子どもしか教えたことがない
・高偏差値の子どもしか教えたことがない
--------------

低年齢の子どもたちに実際に教えたら、「〇」「まるいち(変換できないのでひらがな)」などと置く必然性がわかりました。
はじめに「xだとわからないから、まるさんとかにしてしまえばいいんじゃね?」と考え出した塾講師、すごいなーと思います。

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

わたしの意見。

---------------
先取り学習と、ふつうの進度の学習。
同じ内容を勉強するのだから、先取り学習をしたところで神童になれるわけではない。
単に、いずれする勉強を、先に済ませているだけ。
---------------

で、多くの先取り学習は「幼稚園児がappleをアプルと発音」くらいのものなので、いずれ追い抜かれる運命なのですが――。

「日本経済を憂慮 → 将来が不安 → 過激な先取り学習をする家庭が増えてきた」なのか、ネットのおかげで可視化しているだけで以前からあったことなのかはわかりませんが、過激な先取り学習をしている小学生が増えてきているように感じます。

たとえば、小学生で、以下のレベルまで先取り学習している家庭もあるようです(英検2級はふつうらしい!)。

-------------
Because of the increased ease of air travel, professional musicians today fly all over the world to perform.
※英検2級の問題文より引用
-------------

「え、英語は暗記だしな! 思考力が必要なものは先取り学習できないぞ!」と思うかもしれませんが、後発組(※1)のうちの算数の先取り学習ですら(※2)、以下です。
(※1)うちは親塾をはじめてまだ1年経っていないので、過激組のなかでは後発ではないですかね。
(※2)以前、「甘いな。うちはそんなレベルじゃないぞ」というかたからメッセージをいただいたことがあります。

-------------
<年長が解いている問題の例>
8月10日は火曜日です。4月12日は何曜日ですか。

<小2が解いている問題の例>
太郎君はAから、花子さんはAから1500m離れたBから、それぞれ分速×m、分速×mで出発して何度も往復します。2人が2度目に会うのはAから何mのところですか?
-------------

で、先取り学習もここまでくるとアドバンテージはかなりありますし、ここまでやっている家庭が、今後、手を抜くことはとても考えられないので、山でいうと8合目まで登るのはほぼ確定でしょうね。
※英検準1級、1級ならば、維持するだけで、英語では、頂上、確定ですね。

特に算数・数学は、8合目以上、すなわち、頂上の戦いは、子どものセンスがモノを言うので、8合目あたりで停滞、優秀児に追い抜かれることは十分に考えられますけどね。

「低年齢で勉強しても、高学年で失速する!」
「わたしは塾講師! 先取り学習している成績優秀な子どもはいない!」

「え? 入試問題を解いているのに、高学年になると、突然、記憶を失うってこと? 怖いな、それ」「『全然、勉強していないんだよねー』という文化の日本。塾講師が、どうやって家庭の内情を調べたんだ? そうか! 幼少のころからスパイカメラで盗撮していたのか! 犯罪だ!」と思いますが、それを信じるか信じないかは、あなた次第!

それにしても、どこかの雑誌が「ますます過激に! 小学生の先取り学習!」みたいな特集を組んでくれないかなー
国語の先取り学習、どこまで、どうやってやっているのか見てみたいです。
ただ、「非難される」「メリットはない」ので、本当のことを話すひとは少ないように思いますが。

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!