今までに中学数学にかけた勉強時間。

----------
・1日あたり1~2時間程度
・1か月半ほど
----------

中学数学は教えていただけに模試の過去問を解かせなくてもだいたいの偏差値はわかりますが、子どもたちの自己肯定感アップのために北辰の過去問(※)を解かせてみました。

 

 

 

----------

※中3の6月の模試ですが、未学習の問題もありました。

・作図、証明

・娘には立体の切断はまだ教えていません(立方体の切り口の形のみ)
・それ以外にも教えていない問題もありました
----------

結果は以下。

--------
・小4の息子 → 偏差値62.3
・小2の娘 → 偏差値50.1

※偏差値の換算表があります。

--------

自己肯定感アップ作戦!

 

ググって、息子に以下の高校を勧めときました。

ここ最近、中学受験の小6の算数でへこんでいましたが(←難易度、高すぎ!)、鼻をふくらませていました 笑

---------
・所沢高等学校(偏差値62)

・さいたま市立浦和南高等学校(偏差値62)

---------

娘には、「まだ中2だからね。中3の模試だから、中3になってから偏差値60を超えればいいじゃん」と言っときました。
いつものように、「小2! つぎは小3!」と嬉しそうにつっこんできました 笑

娘も、中学受験の小5の応用問題で、ただでさえないやる気が「ゼロ」になりそうだったので、ちょうどよかったです。

 

というわけで、作戦大成功!

 

ただ、実力的には、まだまだ。

そして、数学は、はじまったばかり。

先はまだまだ長い!!!


ちなみに――。

 

中学数学は教えていただけに偏差値をあげるのは、めちゃくちゃ簡単。

以下みたいなことが余裕でできます。

 

-----------
・偏差値50ほどの中3(※1) → 半年で(※2)偏差値60超にする!

(※1)中1ならば偏差値50後半、中2ならば偏差値55ほどだったら、中3の偏差値60超までいけるかな?

(※2)子どもたちは中学受験の算数をがっつりやっているので短期間で習得させることができました。ゆえに、半年くらいは必要かもしれません。

-----------

 
なんでもかんでも地頭というプロは、口では「偏差値をあげられる!」といいますが、こういうこと、できないでしょうし、たとえ目の前で見せても「嘘だ!」みたいに言うのでしょうな(こういうことができるならば、「課金だけではどうにもならない! 地頭だ!」みたいなことは言わないですし)。
 

…なぜ北辰か?
第一段階は、「公立高校の入試問題を解けるようにする」。
で、埼玉県は公立王国だそうなので北辰というわけです。
深い意味はありません。

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

「うーん。誰だっけ?」

朝起きてからずっと悩んでいました。

「正拳づきみたいにしながら、『なんとか行こう』だったよなー」

で、ようやく「はにかんで行こう」と思い出し、ググったら出てきました。

スッキリ!

記憶力、かなり低下しているのを感じます。
加齢は怖いですね。

さて、本題。
同じ「中学数学」でも難易度がまったくちがいます。


※めちゃくちゃ適当な図です。

適切な指導ができるひとがいれば、の話ですが、「難易度」を「(そのレベルに至るまでの)勉強時間」と置き換えることもできます。

つまり、「中3の夏から」みたいなギリギリから勉強をはじめると、時間が足りず、つぎのようなことが起こりかねないわけですね。

---------
Aくんは偏差値60まではあっという間だった(←勉強時間はそれほど必要ないため)。でも、その先の偏差値65の壁を乗り越えるのに時間が足りず受験を迎えてしまい偏差値63で受験。本当は偏差値70レベルに到達できたのに。
---------

「はやくから勉強をはじめる=時間はたっぷりある」です。
これがどれだけ有利なのか、上図を意識すればわかるのではないでしょうか。
もちろん、適切な指導ができるひとがいれば、の話ですが。

というわけで、先取り学習を否定するプロは無能。
こんなことさえわからないわけですからね。

で、なんでもかんでも「地頭」と言うのでしょうな。

もちろん、わたしが塾講師で経営を考えているのならば、「先取り学習はダメ」と言いますけどね。

 

ちなみに、指導者に腕があれば難易度を引き下げることもできます。
算数で例をあげると、腕がある指導者ならば小2か小3の教科書レベルを本当に理解させることができるので、小6の「1、2、3、6、7、8、9、10、11、12、13、16、17、18…の378は何番目か」も瞬殺できる、みたいな感じですかね。

ついでに書くと、上図を意識していれば、最難関レベルの話…つまり、偏差値70以上の難易度の話をしているのに、「公文で高進度だから有利!」みたいなことは思わなくなるのではないでしょうか。
もっとも、「(最難関レベルだと)公文レベルは瞬殺するよ」と言っても理解できないひとたちもいるようですが…。

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

学歴コンプレックスで、子どもに猛勉強させる親がいるそうです。

そういう親――Aさんとします。
Aさんの執念で、Aさんの子どもが高学歴になったとしましょう。

それで、Aさん自身の学歴も高学歴になって、学歴でバカにされた過去も、「高学歴で、すげー!」とあがめられる過去に差し替えられれば、Aさんにとっては「良かった」となるのかもしれないですが…。

そんなことはないですよね。

 

子どもを高学歴にしても、心にあいた穴は埋まることなく、一生、満たされることはないのではないでしょうか。
死ぬまで学歴コンプレックスを抱えながら、「うちの子どもは東大!」と言い続けるのではないでしょうか。

まるで、穴があいたコップに水を注ぎ続けるように…。

学歴コンプレックスで嫌がる子どもに勉強させても誰も得しないじゃん、と思います。

 

で、学歴でこじれたひとたちのなかには、実際、子どもが高学歴となって、「高学歴の子ども=ご自身」と思いこむひとたちまでいるようです。

 

親の遺伝とか、アホちゃうか、と思います。

高学歴のお子さんと、あなたの遺伝子とは「似て非なるもの」じゃないか、と。

チンパンジーと人類の遺伝子、96%同じだぞ、と。

そもそも配偶者の遺伝子はどこに行ったんだ、と。

怪しい論文を持ち出してきてまで、遺伝を正当化して子どもの手柄を横取り…。

 

…おっと、この辺で。

 

いずれにしても、心の穴を埋めるには、ご自身で勉強して東大・京大に合格するしかないのにな、と思います。
で、何歳でも勉強できるよ、と書いておきます。
今の時代、スタディサプリみたいな安価で勉強できるものもありますしね。

 

それよりも、学歴という物差しを捨ててしまうことが良いと思うのですが…。

ベジータがスカウターをぶっ壊したときのように(スカウターでの戦闘力という物差しを捨てた)。

 

ちなみに、わたしの物差しは、「人生、楽しんでいるかどうか」で、それしかありません。

ゆえに、人生を楽しんでいるわたしは最強クラスです 笑


↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

「勉強していなかったけど高3でスイッチが入って難関大に合格した。小さなころから勉強する中学受験はコスパが悪い」

このような意見もあるようです。
そういうわたしも、「高校のとき、遊び呆けて早退しまくり。でもカラオケ合コンには全参加!(←幹事だったし、責任感! 笑) 留年の危機! 現役のときは担任の先生からはFランを勧められる → 浪人してスイッチが入る → 半年も経たないうちに高偏差値(物理と日本史は除く)」の短距離走タイプ(※)。
※夏にはスイッチが壊れたので、「10m走」くらいですな。ちなみに、スイッチが入ったと言っても、「定時上がり(予備校が終われば帰宅)」「家で勉強しない」とホワイト企業。

ゆえに、言いたいことはわからなくもないのですが――。

-------------
<コスパが良いとされている方法>
・勉強は短期決戦! ギリギリのタイミングで勉強!

<コスパが悪いとされている方法>
・地道にコツコツ勉強する
-------------

個人的には、前者は「博打」、後者は「着実」と感じてしまいます。

以下もありますしね。

-------------
・博打 → 「ビリギャル」が人気を博す。滅多にないケースだからこそドラマになった(もっとも、ビリギャルは大したことがないそうですが)。
・着実 → 東大生の多くが中高一貫校の出身。
-------------

 

ま、経験者からいわせると、「『直前に勉強して高偏差値になった!』は、自ら計画性がないアホだと言っているようなもの。地道にコツコツ勉強しとけ!」ですな。

 

というわけで、親目線でみれば、中学受験を選択したくなるのはよくわかります。
中学受験は親が関与できますしね。

 

…公立に傾いていましたが、小4の息子の意志で中学受験になりました。それを納得させるための記事かもしれません 笑

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集

 

--------
長男が理三・首席合格…息子3人東大・京大医学部の母が語る「親が気を付けること」
https://news.yahoo.co.jp/articles/799756ffd37ac52a2876e9b603d527bb74181c58
--------

 

子ども4人の佐藤ママとの共通点を考えると、「裕福」。

中学受験の塾、中高一貫校の学費、鉄緑会、それに個人の英語の先生…湯水のように教育費をかけられるからこそ、ですね。

 

あと1つは、「遺伝子」。

これは証明しがたいのでなんとも言えませんし、「親は低学歴でも東大」「両親ともに高学歴でも…」もありますが…。

佐藤ママの夫は東大卒だそうですし、「一族東大」という家庭もあります。

 

それ以外にも――。

 

子ども3人、4人となると、親の「何か」もあるかもしれないですねー


で、記事を読んでいたら、子どもが中高生になっても、親ががっつり勉強を管理しているよな、と思いました。

 

東大前刺傷事件の加害者もどうやら親が「勉強しろ!」と圧をかけまくった結果のようですし、いや、そもそも東大理三、東大前刺傷事件、いずれも極端な例なので、単純に「親が管理すれば東大理三!」「親が管理すれば事件を起こす!」というものではないと思いますが…。

わたしが子どもたちの前に座って勉強を見たほうが効率が良くなるので、親が管理したほうが勉強面での効率は良くなるのだろうな、とは思います。
が、何かと忙しいですし、勉強は自分でしないと意味がないと思っているので、うちは放置プレイですけどね(←プリントなどは準備しています。で、放置プレイできるようになるまでかなり苦労しましたし、今でも効率をあげようと苦労しています)。
 

-----------

<佐藤ママとの共通点>
・裕福な家庭

・遺伝子?

・中高生になっても親が勉強を管理

-----------

 

ま、うちには関係のない話ですけどね!

 

↓ いろいろなかたが中学受験の情報を発信しています。参考になります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

↓ 中学受験の親だけではなく、受験のプロも情報発信しています。
人気ブログランキングへ

↓ こんな感じで、算数の先取り学習をしています!
中学受験の算数をこうやって教えています!

 
↓ 「図書館に本を借りに行く、返しに行くのが面倒。スマホだと目が悪くなる。でも読書させる本を探さないと…」というひとたちにお勧め。

 

 

お勧めの問題集