【JJC通信】ワイン回顧2020〔愛酵会No.6〕 | 充実人生クラブ・レポート
新型コロナウイルスに関する情報について

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

せっかく2019年末に「愛酵会」を立ち上げながら、

2020年はコロナ・ウイルスのために活動が頓挫してしまいました。
埋め合わせに、個人的に2020年のワイン生活をふり返ってみました。
2021年は1日も早くリアル飲み会が再開できることを祈ります。
おいしいワインと料理を提供してくださる店の方々、

どうぞウイルスにも人災にも負けず生き抜いてください。
いつか必ず行きますから!

2月11日 多摩市で愛酵会「カベルネ・ソーヴィニョンの集い」。
7人が参加し、チリ、オーストラリア、アメリカ・カリフォルニア、ルーマニア、

そしてフランス・ボルドーの5銘柄を、ピッツァ、チーズ、サラミをつまみに3時間楽しみました。
日本酒は工業的な面が強いが、ワインはほぼ農業」という指摘があり、もっともだと思いました。

4月~ 緊急事態宣言、家飲みで日本ワインに集中。
山梨、長野、山形以外にも、

宮崎(都農)など各地ですばらしいワインが生まれていることに感動。
これまで飲まず嫌いで見下していたマスカット・ベーリーAも、

良いものは実はなかなか秀逸で、ディナーワインとして十分通じることを発見しました。
山ぶどうのワインは果実味が濃く酸味もしっかりしているのですが、合わせる料理が思いつかず…。

6月 玄米で作った無濾過生原酒に出会う。
人が最初に米で酒を造った時には精米していたのだろうか、

なれずしのような発酵食を作る際にも、

最初から精白した白米を使ったのだろうかというのが常々疑問でした。
もしそうだとすると、都市の住民が精米したご飯を食べるようになる遥か以前から、

酒造りや発酵食品では白米を普通に使っていたことになります。
一方、玄米で酒が造れるのか、

できたとしても糠の臭いや蛋白質の腐敗臭がしてまずいのではないか、とも思えます。
そこでネットで調べると、何と玄米で造った酒が売られていました。
千葉県の寺田本家が出している「むすひ」という酒です。
早速ネット注文、同封の説明書によると、玄米では麹が育たないため、

いろいろ試行錯誤の末、発芽させてから発酵させたそうです。
それってビールとほぼ同じ工程ではありませんか!
で、味は? ばらすと面白くないのですが、

普通の日本酒がライン地方の白ワインだとすると、玄米酒はシェリー酒かも…。
たぶん「これは絶対ダメ!」という人と

「意外にいけるじゃん!」という人にくっきり分かれるのではと思いますが、私は後者です! 

7月5日 愛酵会 オンライン飲み会。
開発さんが肝煎りで、各自が下記のワインを入手、2時間余り楽しみました。
以下は開発さんから皆さんに送られた一口メモです。
「白ワイン ウルフブラス・イエローラベル・シャルドネ(WOLF BLASS YELLOW LABEL, Chardonnay)
お勧め料理 洋風の魚料理(白身魚のカルパッチョ、ムニエルなど)、ナッツ、

ポテトサラダなど飲み頃冷蔵庫で3~4時間以上冷やし、グラスに注いだ直後~10分。
その後は冷蔵庫に戻す、アイスバケツで冷やす等温度を維持して下さい。
赤ワイン ロバート・モンダヴィウッドブリッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン 

/ロバート・モンダヴィ(Robert Mondavi,Cabernet Sauvignon)
お勧め料理 しっかり味のついた肉料理(ハンバーグ、ステーキ、焼肉など)
飲み頃 冷蔵庫で3~4時間以上冷やし、グラスに注いだ後10分~20分。
短時間ならボトルのまま置いておく、

可能であれば アイスバケツで冷やす等温度を維持して下さい。」

9月30日 還暦・退職記念に、ボルドーのシンデレラ・ワイン「シャトー・ヴァランドロー」を買う。
1万円以上のワインなどレストランですら頼んだことがありませんでしたが、

こういう機会でもなければ一生縁がなかろうと清水の舞台から飛び降りるつもりで奮発。
味は…勿論、凝縮されたすばらしいものでした。
ただしヴァランドローなら、2010年に3300円で買ったサードワイン

「シャトー・ベレール・ド・ウィ 2007」も十分秀逸なボルドーでした。
S字曲線でいうと右端の方で、値段が数倍になったから味も数倍良いかと言われると、

高級オーディオと同じで薄皮のような微妙な差ではないかと思います。

10月 スモークサーモン自作に挑戦。
日中自由時間が増えたので、

以前から試したかったスモークサーモン作りにいよいよ挑みました。
チップではなくスモークウッドを使うと結構簡単にできました。
しかも、クレオソートのような燻蒸液の臭いのしない、まともな味です。
これで、白ワインの友がいつも身近に…。

10~11月 3回にわたって甲府盆地ワイナリーツアー。
10月23日はシャトーメルシャンで昔の醸造場を見学して長野のメルローの逸品をグラス試飲。

11月8日夜は勝沼ぶどう郷駅近くのイタリアン・パハソロッテで地元ワインを堪能しました。
シェフの長谷川賢さんは、日本ソムリエ協会主催ワインアドバイザー選手権で優勝した方だそうです。
翌日は奥野田ワイナリーなど3か所を訪問、生産者からいろいろと現場のお話を聞くことができました。

11月15日は京王バスのツアーでまるき葡萄酒、シャトー酒折を訪ね、

最後はぶどうの丘の試飲コーナーへ。

新たにコイン式の銘醸ワイン試飲設備ができており、

結構すばらしいワインを味わえました。
桃の花が美しい2021年4月にもまた行きたいと考えています。
ご一緒できるといいですね。

12月 1997年2月につけ始めたワイン・メモが4000銘柄に到達。
社会には何も役立たちませんが、この記事を書く時にだけは役に立ちました…。

12月 斎藤幸平氏の『大洪水の前にマルクスと惑星の物質循環』という難しい本に挑戦。
氏は2021年1月にNHK・Eテレの『100分de名著』に講師として出演されるそうで、

担当プロデューサーが「この本が面白い」と勧めてくれました。
晩年のマルクスが、略奪農法や砂漠化、

気候変動についての研究者書をかなり系統的に読んで

環境問題に関心を深めていたという内容です。
マルクスがそれを著作に書かなかったため、

これまで誰も気づかずにきたのだそうです。
読後感として、また、山本博『日本のワイン―本格的ワイン造りに挑んだ全国のワイナリー』、

高橋梯二、原田喜美枝、小林和彦、齋藤浩『日本のワイン―和英対訳』、三澤茂計、

三澤彩奈『日本のワインで奇跡を起こす―山梨のブドウ「甲州」が世界の頂点をつかむまで』、

玉村豊男『千曲川ワインバレー―新しい農業への視点』などを読むにつけても、

「善いワインを作る」という営みは、

「利潤の最大化・そのための生産拡大」という主流派経済学の説く原理とは

微妙にズレがあるのではないかと感じずにはいられません。
葡萄の実の収穫を増やして大量生産しようという発想では、

特に日本の場合まず絶対に優れたワインは生まれません。
ワインの質は、健康なブドウの木の力に頼るしかないのです。
栽培・醸造に関わった人たちが丹精込めたワインは、経済のあり方、

人間と自然の関係についてもいろいろ考えさせてくれるものだと感じます。
善いワインは人を酔わせて心地良くするだけでなく、

人を賢く目覚めさせてくれるのかもしれません。


愛酵会 先原章仁