【JJC通信】お・も・て・な・し<茶遊庵>睦月 | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

今日は、茶の湯の初稽古です。
今回は、日本の大きなイベント「オリンピック」に合わせた取り合せをしてみました。

床の軸、「開 径 待 佳 賓」(みちをひらいてかひんをまつ)
賓客をおもてなしするにあたっては出来る限り準備を整えて待つとの意味。
日本の戦国時代に、織田信長が明智光秀を饗応役として
盟友・徳川家康に手厚いもてなしをした。
また、中国の三国時代に、劉備(玄徳)が張松(永年)にもてなしをする場面。
どちらも、重要なお・も・て・な・しである。
 

茶碗、1>金銀の嶋台茶碗

2>替一には黒織部にカタクリの絵付。

替二にはオリンピック祝に見込にオリーブの葉
外側には五輪、高台に市松の絵付。

 

和菓子にもこだわり「水戸の梅」で季節を入れてみました。
「水戸の梅」は、昔両親と水戸の偕楽園に遊びに行った思い出と

白あんを紫蘇の葉でくるんだ菓子が「甘酸っぱい」ので、何ともいい感じになるのです。
そして、今年も私に出来る事心を込めて「一盌の茶」を差し上げ「ホッ」としていただくことです。

日本の平和、世界の平和が永遠に続きますように。

令和二年 睦月
<茶遊庵>
案内人 山﨑小夜