【JJC通信】充実人生のお金と心と体 vol.5 | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

こんにちは! 伊藤誠です。
肉体的・精神的・経済的に人生を不安なく生き抜くことはそう簡単ではない時代になった・・・
ファイナンシャルプランナー業を20年。
数千人のご相談・お話を聞いて自分はそう感じています。
その最大の理由は良くも悪くも長寿だと考えます。
そこで、前回から3回にわたり時代の変化によるお金の考え方「昔の常識、

今の非常識」をテーマにお届けしてします。
______________________________
時代の変化によるお金の考え方
昔の常識、今の新常識②
「金利と郵便局の学資保険」
______________________________

お子さんが生まれると郵便局の学資保険に入られる方が数多くいらっしゃいます。
学資保険に加入する目的はお子さんが生まれ、

そのお子さんが高校・大学と進学される時の教育費を毎年コツコツと蓄え・準備することが目的です。
この毎年コツコツ将来の教育費を準備するという目的そのものはすばらしいですね。
今から30年前の親はこの学資保険に加入して、とても良い思いをしています。
0才の子どもが生まれ、18才になると自分が毎年コツコツ預けた金額がなんと2倍になって戻ってきたからです。
100万円を預けたのに200万円になって戻ってきたということです。
この親の経験値と学資保険という名前の良さと郵便局が販売しいてるということで今でも人気があるのでしょう。
ここで大きな勘違いが起こっています。
それは郵便局の学資保険が100万円を200万円にしたのではなく、金利が100万円を200万円にさせたということです。
言い換えると郵便局の学資保険でなくとも当時の定期預金に18年預けても100万円が200万円になったということです。
 
銀行の定期預金金利(1年)
 
年    金利
1988年    3.39%
1989年    4.10%
1990年    5.57%
1991年    5.78%

1992年    4.13%
1993年    2.42%
1994年    1.16%
2000年    0.25%
2019年    0.02%
長期の金利の威力とはすごいのです。

0歳の赤ちゃんが18歳になるまで、100万円を金利5%で18年間預けると、税金を引かれても240万円になります。
ところが今の0.02%で預けると18年後100万3600円です。
億万長者という言葉がありました。
これは1億円をもっていれば、お金に困らないという一昔前の言葉です。
1億円もっていれば、1年で利息が500万円もらえたのですから。

伊藤 誠
充実人生実現パートナー
http://jyujitsujinseiclub.org/member/ito_m.html