【JJC通信】兄弟<出会いと食> No.11  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

出会いと食のプロデュースの開発です。
今回は兄弟についてお話してみたいと思います。

私には弟が1名います。
他に兄弟がいないので比較ができませんが、
仲は良くも悪くなく、「ふつう」でしょうか。

それでも小学生までは二段ベッドの上下でどちらかが寝るまで喋り
(大体私が先に寝てしまい、「返事がすぐ来なくなる」とよく苦情を言われました)、
中学生でもTVゲームを一緒にする、同じ漫画を読むなど、
当然ながら一番長く子供時代を過ごした相手です。
しかし大人になり別々に暮らすようになると、
嫌というほど顔を突き合わせていたのに交流が薄くなります。
それぞれの生活があるので、近県に住んでいるのにも関わらず、
一時は年に2回ほど盆と暮れにしか会わない年もありました。

ある時から、盆暮れ以外のタイミングで呼び出して食事をするようになりました。
弟は1人暮らしなので、栄養のバランスが悪い食生活を送っているのではないかと気になったのです
(ある意味当たっていましたが・・・)。
友人などに、このことを言うと
「えー、何話すの?話すことないよ」
など返事が来ることもあるので、
兄弟との場の持ち方が難しい(面倒くさい?)と思われる方もいるのかもしれません。
私もこれと言って特別話したいことがあるわけではないのですが、
くだらない話を含め兄弟にしか通じない話が結構ありますし、教育的指導?
(テーブルマナーを知らない弟は、肉用のフォークでオードブルを食べたことがあり、仰天しました)
も一部必要な感じです。
また、全く異なる業界にいるため、弟の仕事の話を聞くのも参考になります。
正直なところ、気遣い不要でお酒も強い弟は、一番長く一緒に飲める相手かもしれません。


場の作り方で唯一気を付けているのは、
「弟の行ったことのない、美味しい・良い店を選ぶこと」です。
これは私がワインリストを片手に蘊蓄を語りたいからという訳では決してなく
(弟が質問をするので、結局蘊蓄を垂れているのですが)、
良いサービスを受ける経験を積んでほしいからなのです。
年上の兄弟の前であれば、恥をかいても大したことではありませんが、
彼女や会社関係者の前では、なるべく恥はかかないで済むに越したことはありませんよね。
弟自身は呑気なもので、「美味かった」くらいしか今のところ感じていないみたいですが、
いつか役に立ってくれれば嬉しいです。


つかず離れずで、兄弟との場づくりを続けていきたいと思います。

出会いと食のプロデューサー
開発香織