哀しみの保健室 vol.7 私達を支える8つの繋がり<思想>  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

『哀しみの保健室』グリーフケアCafeとりでを開催しております、前川美幸です。 
台風19号の被害により多くの方が今なお、もと通りの生活の再建への目処が立たない中、

懸命に復旧作業に取り組んでおられます。 
尊い命が犠牲になられたと耳にする度、ご冥福を念じ、遺された方々が少しでも、

心穏やかに故人を偲ぶ機会を持てるよう、切に念じ申し上げるばかりです。 
JJC通信連載7回目となる今回は、人生を支える大切な繋がりとして「思想」をとりあげます。


大切な存在との死別により、様々な断絶感が引き起こりますと、

それらの信条や理念が崩れ去り、何も信じられない心境に陥ります。 


個人にとっての信条や理念と、深いレベルで密接に繋がっているのが、自分自身に対する認識です。 
自己像やセルフイメージとも言われるものですね。 
これまで確信してきた信条や信念、理念が崩壊してしまうと、自分の存在意義も揺らいでしまいます。 
人は自分が思っている以上に、これまで信じてきた人生観や価値観により、

自己信頼の基盤を支えられているものです。 

様々な人生経験によって培ってきた、信念や信条との間に築き上げてきた絆が、

断絶されてしまうと、深く傷つきます。 
例えばこれまでは神仏に対する感謝を、日々口にしていた人が大切な人を失い、

突然信仰に疑念を抱くことがあります。  
「あんなに良い人だったあの人が、なぜ死なねばならなかったのか!?」と、

そのような運命を与えたと感じる神仏に、怒りや憎しみ、失望や絶望を感じてしまい、

どうにも信じ難くなってしまうのでしょう。 
遺された立場からは、大切な故人が、永遠の別れを意味する「死」という、

最大の不幸を背負わされたとしか思えない。 
そのような試練または運命をもたらした、相手があるならば呪いたい衝動に駆られ、

宗教全般に不信を抱くことになります。 
とくに亡くなった当人自身が何らかの、熱心な信者であった場合はなおさらです。 

「思想」は信仰に限らず、健康志向や哲学的思想、先達の考え等、

その人自身が大切だと感じてきた、<自分よりも大きな考え>も含みます。 
それらは「死別喪失による断絶」により過去の信頼が大きく覆ることがあります。 
それらが本人にとってのより大きな、精神的支柱であった場合にはとくに、

断絶感からの孤独が重症化します。 
そのように「もう何も信じたくない」「繋がりたくない」と失望した方が、

また再び何かを信じるようになるには、長い年月がかかることも珍しくありません。 
故人と共に過ごしてきた軌跡を、その人なりに辿ることによって、

故人が大切にしてきた「思想」と、再びつながる「結合感」をこの身に感じることもあります。 
グリーフカウンセリングや、グリーフワークに取り組むことがこうした「思想」との断絶感を癒し、

自分の人生を取り戻すのに役立った、そのようにおっしゃる方もあります。 

ひとりでも多くの方が、哀しみを分かち合う場に出会うことで、

長く深く続く喪失の悲嘆に沈みながらも、自分らしく生きる道標を見いだしてほしい。 
そのためにできることを私も自分なりに、精一杯考えていきたいと強く感じています。 

前川 美幸(まえかわ みゆき) 

一般社団法人日本グリーフ専門士協会・理事 
https://grief-japan.net

グリーフケアの基本が学べる入門講座 
http://grief-online.com/webinar_kokuchi/
(webにて無料開催)