【JJC通信】バクチと運用 『山根ちづえの金融解説』 No.2  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

JJCパートナーの山根ちづえです。


長年一つの業界にどっぷりつかって過ごしてくると、

他の業界の方々とは異なる習慣を知らず知らずのうちに持ってしまうことがあります。
私は金融人として30年仕事をしていますが、

日常のコミュニケーションは同じ業界の方々とばかりになりがちです。
この中にいる限り説明もなく通じてしまう業界用語は少なくありません。

例えば、今回のトピックに上げさせていただいた「バクチと運用」という題、

おそらく金融人であれば聞いただけで何を話そうとしているのか即座にわかるでしょうし、

普段から「バクチじゃあるまいし・・」なんて言葉を使ってしまうのですが、

初めて聞いた方には何をいっているのか伝わっていたのか甚だ疑問です。
これに限らず、金融界では当たり前でも一般の方々には

なじみのない事だということは少なくないのかもしれません。

しかしながら、国が一般の方々に将来のための貯蓄を自助努力で行うよう促しているご時世です。
誰もが金融のリテラシーの向上を求められています。
また、手練手管で金融詐欺行為を繰り返す集団の存在も無視できません。
こうした気づきの中から、今回は「バクチとそうでないもの=運用」

の意味を私なりに説明してみたいと思いトピックとさせていただきました。

以下、ご笑覧いただければ幸いです。

バクチとは、いわゆる博打です。

私が子供の頃には時代劇でよく見かけましたあの「半か丁か?」

とサイコロを振るシーンです。
博打場には常に怖―い顔をした胴元が居て遊びに来た人が

不正を行って独り勝ちしていないか監視しています。
あのイメージ金融の世界にもぴったりくるものがあります。
FX取引などはこれに近い印象があります。

投機家たちがネット上にわさわさ集まってきて、

胴元のルールにのっとってかけ事をしていくわけです。

私が、某大手証券会社に入社して間も無くの頃尊敬する上司に

為替について質問した時に言われた言葉、30年経っても覚えています。

「為替市場は、世界中の人が参加する博打場だから戦って勝てると思うなよ」です。

そう、為替市場で儲けるということはかなり博打に近い印象があります。
しかしながら、これに丁か半かと賭けて濡れ手に粟的な利益を得るときもあります。
これはたいていの場合、ビギナーズラックであったり、その後、

浪費するかまた参戦して失うかで残った試しがありません。

一方で、運用とは、私の監修するWikipediaがあったならばこんな表現になります。

「余剰資金を現金のまま保有するのではなく、

金融商品や不動産に替えて利息や換金時の値上がり益を期待しながら長期的に保有すること。」

少し過去を振り返ってみると、戦後の国民生活が等しく貧しい時代には、

余剰資金を自ら運用する必要があったのは、

国中探しても一握りの大地主さんかなにかでしょう。

一般市民は、銀行に余剰資金を預けて利息をもらうということで、

間接的に運用する事が昭和の時代には当たり前でした。
銀行はそうやって集めた資金を元手に不動産や事業貸付をして

運用して分け前を私たち市民に分配していたわけです。
これが、平成の時代には一変してしまいました。
銀行に預けても運用して利息を返してくれない時代が来たのです。
そこで一般の市民も余剰資金を自ら運用する必要が出てきたわけですが、

銀行と同じように運用しようにもまとまった資金がなくてはなかなか効率よくできません。

そこでこのニーズに応えて開発されたのが投資信託に始まる個人投資家向けの金融商品です。
これならば、一口1万円から投資できるし、換金する時も簡単にできる。
とても素晴らしい発想だったのですが、時はバブル時代、生まれ育った環境が悪く、

発明者の意図とは異なる形で成長していったことは、否めない事実です。
しかしながら、その後も銀行に預けても利息をくれない時代は続き、

投資信託の市場はどんどん拡大していきました。

 



私は、社会に出てから投資信託の販売、組成、運用と

制作部のすべてのパートに関わってきましたが、

いまだに仕事があるのですから素晴らしい発明だったのですね。
昔、私の恩師は、毎月の生活費の3倍の現金は必要ですが、

それ以上は余剰資金として運用すべきと説いておられました。

3倍の根拠はなにかわかりませんが、

収入がなくなっても3カ月あればなんらかの手が打てるということなのだと思います。
そして、自分の人生を豊かにしてくれると確信するモノや事業が見つかったら、

惜しみなく余剰資金を取り崩して使うということです。

運用は始めるときは大きな目と耳を使って慎重に選ぶ必要がありますが、

始めたならば薄目ぐらいで眺めながら育てていけばよいというのが私の持論です。
これは子育てや結婚にも近い概念です。
隣の子よりも速く走れたり、お勉強ができたりすれば嬉しいですが、

小学校ではよくでも中学でどうなるかわかりません。
一喜一憂せずに自分の子を信じてあげましょう。

言うは易し行うは難しですよね。

私は、自分の目と耳でしっかり考え調べて始めた運用ならば、

途中経過がどうであれ簡単にあきらめないことは大事なのではないかと思っています。
私事、仕事で海外のプライベートバンクと付き合いがありますが、

彼らは投資はやめないことが、最大の防御と言っています。
お金のサイズによって少々やり方は変わってくるかと思いますが、

基本的には余剰資金をいくらと決めたら運用し続けることが大事なのだと思います。

ようやく最初に戻って「バクチと運用」何が違うのか、

もちろんここまでお付き合いいただいた皆様はご理解いただけたと思いますが、

上がるか下がるか賭けるのが博打、運用は違う概念です。
資産を運用したいと言いながら「この商品は儲かるか?」

と聞かれるとなんとも回答に困るというのが私の証券営業時代の思い出です。

少々長くなりましたのでこの続きは次回にいたしましょう。

引き続きよろしくお願いいたします。


山根 ちづえ
じぶん年金コンシェルジュ
http://www.jyujitsujinseiclub.org/member/yamane.html