【JJC通信】充実人生のお金と心と体 vol.4  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

こんにちは! 伊藤誠です。 
肉体的・精神的・経済的に人生を不安なく生き抜くことはそう簡単ではない時代になった・・・ 
ファイナンシャルプランナー業を20年。 
数千人のご相談・お話を聞いて自分はそう感じています。 
その最大の理由は良くも悪くも長寿だと考えます。 
そこで、今回から3回にわたり時代の変化によるお金の考え方「昔の常識、

今の非常識」をテーマにお届けします。


______________________________ 
時代の変化によるお金の考え方 
昔の常識、今の非常識 ① 
「寿命と余命」 

_________________________ 
みなさんは「平均余命」という言葉をご存知ですか。 
「平均寿命」というのは良くお聞きになると思いますが、

平均寿命の定義は0歳児が何歳まで生きるかという年齢です。
これに対し「平均余命」は今〇〇歳の人が後何年生きるかという年齢です。 
厚生労働省のホームページをご覧ください。 
https://www.mhlw.go.jp/ ;

70歳まで生き抜いた女性は、今や二人に一人が90歳を超えるのです。 
この現実を50年前に誰が予想できたでしょうか。 
下記、厚労省が発表したデータを見れば予想がつかなくても仕方がないことが良くわかります。 

◆日本人の寿命(時代・年代別)

1950年 男 58.00歳 女61.50歳(初めて60歳を超える)
1952年 男 61.90歳 女65.50歳(初めて65歳を超える)
1960年 男 65.32歳 女70.19歳(初めて70歳を超える)
1971年 男 70.17歳 女75.58歳(初めて75歳を超える) 
1984年 男 74.54歳 女80.18歳(初めて80歳を超える) 
2004年 男 78.64歳 女85.59歳(初めて85歳を超える) 

日本の1950年、60歳前後で亡くなったおばあちゃん達が、

たった50~60年の間に30歳も長生きになったのです。 
私は1962年生まれですが、子供の頃60歳を超えた女性を見ると、

十分おばあちゃんだった記憶が鮮明にあります。 

もう一つ下記をご覧ください。 

◆日本人の寿命(時代・年代別) 

弥生時代 (紀元前4世紀頃 ~ 250年頃) :男30.00歳 女29.20歳
室町時代 (頭骸骨検査で) :男33.10歳 女32.80
18世紀:男女とも30代半ば 
1947年(昭和22年):男50.06歳 女43.20歳
1950年(昭和25年):男58.00歳 女61.50歳(初めて60歳を超える) 

過去30歳の寿命が60歳を超えるまでに2000年以上費やしているのです。 
それに対し60歳の寿命から90歳を超えるまでたった50~60年しか費やしていません。 
この短期間で人間が肉体的・精神的・経済的に対応できる人が少

ないのはある意味当然だと思います。 
日本国政府でさえ最近まで人口が増えることを前提に、

家族は夫婦と子供2人を前提に試算・政策を立てていたではないですか。 

「昔の常識、今の非常識」があるのです。 

しかし、仕方がない・出来ないでは済まされません。 
人間はこれに対応しなければなりません。 
どうやって人生を幸福に生き抜くかを考えるべきだと私は考えます。 

伊藤 誠 http://jyujitsujinseiclub.org/index.html
充実人生実現パートナー