【JJC通信】「自分はまだ大丈夫」と思った時こそ、事前準備を始める時期です。  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!

介護者メンタルケア協会代表を務める橋中今日子です。 
私は、52歳で大腸ガンで他界した父を看取った後、

クモ膜下出血や進行性の難病で寝たきりになった母、大正10年生まれの認知症の祖母、

重度知的障害の弟の3人を、一人で21年間介護してきました。 
仕事と介護の両立で職場の人間関係が悪化したり、

介護疲れや介護うつに陥ったりした経験を生かし、今は家族を介護する方の心のケア、

企業での介護離職予防に向けての研修、行政や医療・福祉施設で介護虐待予防の研修などを行っています。 

「介護者メンタルケア協会」を設立して今年で4年目になります。 
幣協会に寄せられるご相談は、のべ800件以上にのぼります。 
家族の介護をしている方からのご相談のうち、6割以上が認知症にまつわるものです。 
数々のご相談から見えてきたのは「認知症は気づかないうちに進み、

大トラブルが起きて初めて表面化することが多い」ということです。 
認知症は、脳細胞の器質的な変化に伴う症状で、誰でもなり得る疾患です。 
そして、年齢が上がるにつれて発症率が急増します。 

現在、65歳以上の7人に1人が認知症を発症しています。 
これが75歳以上になると5人に1人、85歳以上になると、

なんと2人に1人が認知症を発症しているのです。 
超高齢化社会に突入した現代では、誰もが認知症になる可能性があり、

また、認知症になった家族を介護する時代になりました。 

認知症の中でもっとも多いのが「アルツハイマー型認知症」です。 
認知症になったからといって、突然全てができなくなるわけではありません。 
買い物や家事をそつなくこなし、

スポーツなどの趣味や旅行を楽しむ片もたくさんいらっしゃいます。 
忘れっぽくなることが増えるものの、生活においては一見問題がないように見えます。 
ただ、症状が進むと、計画や段取り、各種手続きなどがうまくできなくなります。 

同じ生鮮食品を頻繁に購入して腐らせてしまったり、

家事などの日常生活や、周りの人との関係に支障をきたすことがあります。 



また、勧められるがままに高額な商品をローンで買わされてしまうといった、

消費者被害を受けることも。 
さらに判断能力が落ちてくると、火の管理など危険予測が困難になるなど、

様々な問題が起きてきます。 
預貯金があり、年金も受給しているのに、

銀行から引き出す作業ができなくなって生活苦に陥るといった、

財産管理の能力が低下することもあります。 
財産管理に関しては、認知症になると手続きが煩雑になり、

周りの人も巻きこむことになりかねません。 
久しぶりに実家に帰った娘さんが、

光熱費の督促状が山積みになっていて驚いたというケースがありました。 


この場合は、生活費が足りなかったわけではなく、

年金が振り込まれる口座と光熱費の引き落とし口座が別だったため、

毎月欠かせない入出金の手続きが困難になっていました。 
また、督促状が届いてもどう対応していいかの判断ができなくなっていました。 
この段階で初めて、認知症が発覚したのです。 
一人暮らしをしているお母様が、ゴミの出し方や曜日、場所がわからなくなり、

ご近所トラブルに発展してから認知症が発覚したケースも珍しくありません。 
実家の隣の人から「なんとかしてくれ!」と電話がかかり、慌てて訪れると、

周囲に異臭が漂うゴミ屋敷のようになっていたという相談もありました。 
本人も周りも気がつかないまま、知らず知らずのうちに進行していて、

突然発覚するのが認知症です。 
外出の回数が減った、料理の回数が減った、

ゴミ出しや部屋の片付けが滞ってきているようだと感じたときは、

認知症のサインかもしれません。 

「家族が認知症かもしれない」そう感じたときは、

最寄りの「地域包括支援センター」に相談しましょう。 
地域包括支援センターは「介護のよろず相談所」的存在です。 
ここでは、介護保険の申請だけではなく、

電話勧誘販売や家庭訪販などの消費者被害にあった時や介護虐待が懸念される時、

成年後見制度について手続きを進めたい時などにも相談に乗ってくれます。 

また、「母が亡くなってから、父が急に食事をとらなくなって心配」

「物忘れの症状が出ているけれど、通院を勧めると怒ってしまう」といった、

介護が始まっていない段階での相談もできます。 
認知症は、ご家族も、あなた自身も、誰もが発症する可能性があります。 
しかし、認知症に備えて「事前に準備が必要だ」と頭では理解していても、

つい「自分にはまだ早い」「自分はまだ大丈夫だ」と先送りしたくなるものです。 

特に、元気なご両親に「いざという時のための事前準備をしようよ」

と切り出すのは抵抗がありますよね。 
けれども、現実には、高齢者の車の事故、詐欺被害、

資産凍結などの問題が起き続けています。 
「まだ早い」「まだ大丈夫」と思った時こそ、事前準備を始める時期です。 
ご家族に事前準備を勧めるのに抵抗がある時は、

「もし、わたしが認知症になったときのために、今の段階から事前準備をしている」とお話して、

自然に情報を提供してみるというアプローチもできます。 

あなた自身、あなたの大切な人を守るためにも、家族で話しあい、

介護や資産管理のプロに相談することから始めてみましょう。 


介護者メンタルケア協会 
https://kaigomental.com/

橋中今日子 
介護者メンタルケア協会代表 
理学療法士・メンタルコーチ 

著書・監修 
認定調査での伝え方のヒントや心が軽くなるヒントが掲載 


NHKガッテン!健康プレミアム+(プラス)vol16 
https://www.amazon.co.jp/dp/B07S28TGS9/ref=cm_sw_r_li_dp_U_7DxcDbN9FC7P6

がんばらない介護(ダイヤモンド社) 
https://www.amazon.co.jp/dp/447810171X/ref=cm_sw_r_li_dp_U_8DxcDbQDCCNSD

親の入院・介護で困らない(宝島社) 
https://www.amazon.co.jp/dp/4800272769/ref=cm_sw_r_li_dp_U_7DxcDbSJM4GVB

イラスト ©めぐろのY子 
出典「結局 大丈夫 大丈夫」上下巻 
https://www.kakimacho.jp/shopping/manga/