【JJC通信】大人になってからの友人<出会いと食> No.5  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!


テーマ:

出会いと食のプロデュースの開発です。

今回は、大人になってからの友人についてお話ししてみたいと思います。 
もう5年以上前のことになりますが、ひょんなことから大学院に入学し、
かなり苦労をして卒業しました。

この苦労は2階建てで、
1階が仕事をしながらどうやって勉強する時間を稼ぐかという時間確保の苦労、
2階が同級生に比べてそもそも圧倒的に学力(特に英語)の力が弱かったため、
そこを補う苦労で構成されていました。 

それでもどうにか周りの方々のご協力と勢いで卒業し、
今があるのですが卒業して数年たった今も、
同窓生の方々から受けるインスピレーションには凄いものがあり、
例え年1回でも顔を合わせる機会を大切にしています。 

先日も、久しぶりに集まることのできた会がありました。 
集まって話すのは主に仕事の話ですが、家族のことを話すこともありますし、 
趣味のことを話すこともあります。 
話のネタはどんな集まりでも一緒かと思いますが、
この大学院卒業生の集まりにはメンバーが違えども特徴があります。 

「ネガティブな話にならない」のです。 

毎回感心するのですが、女性だけの集まりでも、男性女性混合の集まりでも、 
決して愚痴大会にはならないのです。 
もちろん、困ったことは誰にでも発生するので 
「こんなことがあって、ちょっと困っていて」という人がいても、
次には誰かが
「それってどうにかできないかな?」 
「この方法で解決した人がいるよ!」 
「そもそもそれはやらなければならないことなの?」 
等と言い出し、何らかの糸口を見つけて会話が終わります。 
大学までの友人、会社の友人の集まりではこうはなりませんので、 
私の行った大学院特有のものなのか、 
たまたまなのか分かりませんが私にとってはこれが非常に快適です。 

ちなみに、こういった集まりで幹事をやることになった場合、 
店選びには万全を期します。

と言いますのも、上記のように寄ってたかって(!)問題解決をしようと 
皆がするので、非常に賑やかになってしまうのです。 

また、食事やお酒にうるさい人の比率も、世間一般よりも高めなので 
「食べ物は美味しく」「酒の種類は豊富」
「個室または他のテーブルとの間に距離がある」ことを重視します。 

もちろん、お店の方には
「久しぶりの同窓生の集まりで、賑やかになってしまう可能性が高い/ 
仕事の会食などの方とは席を離してほしい」
と念を押しておきます。 
 


ここまで準備しておけば、あとは楽しむだけ・・・。 
と言いたいところですが、 
スマートにお会計ができないと後味が悪いので、皆が酔っ払いになりそうな時、
ないしは早めに帰る方がいた時は、早めに〆て精算をしてしまえばあとはスッキリ。 

忙しい人ばかりなので、なかなか簡単には集まれませんが 
話が出た時にはなるべく良い場を設けようと心掛けています。 

出会いと食のプロデューサー  
開発 香織
http://www.jyujitsujinseiclub.org/katsudou/shokutodeai.html

JJCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります