【JJC通信】歌うこと[充実人生コンサート]Vol.3  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!


テーマ:

皆さん、こんにちは。 
充実人生コンサートの安納一郎です。 

今回は小生がどうして歌を歌うようになったか、思いつくまま書かせていただきます。 
「オジイサンの思い出話」ですから、さらりと読み流してください。 

小生が生まれたのは昭和22年、戦後の食料難がようやく落ち着き始めた頃です。 
農村地域なので食べる物に困ることはありませんでしたが、まだまだ貧しい時代でした。 
「衣食足りて礼節を知る」と言いますが、芸術もまた然り、一部の人を除いて音楽への関心は低く、

近所でピアノがあるのは音楽の先生か会社の社長の家くらいでした。 
小生の家は、戦前、祖父が東京で教師をしていた頃に買い集めた

大きなチャブ台や外国の辞書などがあったのですが、

なぜか音の出るものは一つもありませんでした。 

その頃は蓄音機なども流行っていたはずですが、

我が家にあるのは戦前から伝わっている古いラジオだけです。 
「大本営発表」とか「終戦の玉音放送」などを聞いたやつです。 
こんなオンボロラジオでオーケストラを聴いたって、

バイオリンはノコギリの目立て、ティンパニーはバケツの底を引っ叩いている、

としか聞こえませんから、家でクラシック音楽を聴くものは誰も居りませんでした。 
東京で高価な道具や本を買い集めた祖父が、なぜ楽器や蓄音機には目もくれなかったか。 
それは、祖父が酷い音痴で歌がまったく歌えず、音楽に関心が無かったからです。 
世間で音痴と呼ばれる人の中でも、本当の音痴は僅かだといわれますが、

祖父のは自他共に認める正真正銘の音痴でした。 
どんな歌を歌ってもメロディーが分からない、ほとんど節がないのです。 
材木だったら節の無いのが高級ですが・・・。 

小生は、幼い頃に実の父を亡くし、この祖父を養父として育ちました。 
祖父は父親として小生のことを熱心に教育してくれていたのですが、

ある時、何を血迷ったか「歌を教えてやる」と言い出したのです。 
それも童謡や小学唱歌ではなく「箱根の山は天下の嶮」とか

「嗚呼玉杯に花うけて」といった大人の歌です。 
その時の小生はおそらく3歳くらいで、一体どのように教えてもらったのか記憶にありませんが、

中学生くらいになって楽譜を見た時に、かなり正確に覚えていてびっくりしたことがあります。 

歌詞は子供なりにまったく意味も分からず丸暗記したのでしょうが、問題はメロディーです。 
なにしろ祖父の歌から節を覚えるのは作曲するより難しいのですから、

3歳の子どもにできるはずがありません。 
もしかしてオレは天才か? 
とんでもない、実は、ここには陰の功労者がいました。 
それは同じく養母として小生を育ててくれた祖母です。 
祖母も東京で教師をしていたので、ピアノを弾いて子供達に歌わせるくらいのことはできたようです。 
祖父が小生に歌を教えるといった時、祖母は大いに狼狽したそうです。 
祖父の音痴が小生に感染しては一大事。
聞くところによると、小生の亡くなった実父も相当な音痴だったとか。 
これに小生が続くと、安納家は親、子、孫、三代に渡る音痴の家系となってしまいます。 
それだけは絶対に避けなければならない。 
何とか自分の手で正しい歌を教え直さなければならない。 
隠れキリシタンの「経消し」のようなものですね。 

経消しとは、昔の檀家制度の下でお葬式には必ずお坊さんを呼ばなければならない、

そのため葬儀の間、別の場所で密かにお経を消して改めて死者が天国に行くための 
祈りを捧げることだそうです。 
そして、ここから祖母の「経消し」ならぬ「祖父の歌消し」の努力が始まりました。 
祖父から教わったと思っていた「箱根の山」も「嗚呼玉杯に」も、

実は祖母が教えてくれものだったのです。 
当時、田舎では風呂もカマドも薪で焚いていたので、

祖母は火の番をしながら色々な歌を歌ってくれました。 
多くが戦前の唱歌や童謡でした。 
祖母も音楽学校を出たわけではありませんが、教師になったばかりの頃、

当時の古臭い文部省唱歌にあきたらず、「赤いくつ」などの新しい童謡、

当時の学校では「子供の流行歌」などと嫌っていた歌を、

校長らの反対を押し切って音楽に時間に歌わせていたというくらいですから、

歌への思いは人一倍強かったようです。 
そんな祖母の歌を聴きながら、あるいは一緒に歌いながら、小生は育ちました。 
それは小学校に入るまで続き、

おかげでその後は歌の好きな子供として学芸会でソロをやったり

合唱団員に選ばれたりするまでになりました。 

小生が充実人生コンサートに関わるようになった経緯は、

JJCのホームページに書いた通りですが、

いま振り返ってみると、小生の音楽活動を支えてさせてくれた数々の人達の大元は、

どうやらこの祖母だったようです。 
現在、曲がりなりにも皆さんの前で歌えるのは、祖母のおかげかもしれません。 
幼い頃から専門教育を受けた人もいれば、

小生のようにカマドの傍らで歌を覚えた子供もいます。 
どんな経緯にせよ、この歳になるまで歌に関わることができたのは幸せなことです。 
子供時代は歌が大好きだったはずなのに、どこかでやめてしまった人、

声変わりで自信をなくしてしまったり、仕事が忙しくなったりして音楽から離れてしまった人、

「充実人生コンサート」は、そんな方々をいつでも歓迎しています。 

※写真(昭和29年撮影)はその頃の実家です。 

当時は珍しくなかった茅葺屋根で、前には畑、後には杉や欅の防風林がありました。 


充実人生コンサート 
統 括 安 納 一 郎
~白髪のテノール~ 
 

★充実人生を気軽に語ろう★

それぞれの充実人生を気軽に語り合えたらとメンバー同志の交流の場を作りました。 
このメールレターやこれまでのメールレターを読まれての感想やコメント、
どんなことでもこちらのフォームからご記入ください。 
執筆者の励みになります。皆さまの気軽な一言をおまちしています。 
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 
充実人生クラブ(JJC)は友達から友達へと誘いあってクラブの輪が繋がり広がっています。 
お誘いしたい大切な方々にJJCからのお便りが届きますよう 
こちらのリンクからご登録下さるようご案内ください。 
どうぞよろしくお願いいたします。 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

JJCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります