【JJC通信】桜の名所<茶遊庵だより>卯月 | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!


テーマ:

「茶遊庵」の案内人、山﨑小夜でございます。 
卯月は、一斉に花時を迎えます。 
なかでも、特に日本の花、桜は格別です。

能の春の四季演目に「桜川」があります。 
謡曲「桜川」は茨城県桜川市にある桜川磯部稲村神社が舞台となります。 
この桜川市磯部稲村神社の桜は時期になると待ちきれず

雨の降らぬまに何度となく見に行った私の【ふる里】の美しく綺麗に映る特別な桜なのです。 


謡曲「桜川」について

室町時代の1438年に桜川磯部稲村神社の神主磯部裕行が、

当時の関東菅領であった足利持氏(実際は鎌倉公方)に花見噺「桜見物語」一巻を献上しました。 
その物語を目にした第六代将軍足利義教が、世阿弥元清に作らせたのが謡曲「桜川」です。 
常陸と下総の国司のなった平将門の子、桜子の若の物語で、

母子の愛情物語として描かれております。 
子どもと離れ離れになった母が、狂乱して子を尋ね歩く、子別れの狂女物のひとつです。 
子と母は最後の最後に巡り合うというハッピーエンドの物語ですが、

その過程で母をいたわる健気な子、子を一心に思う母の人情がきめ細かく織りなされ、

見る人の胸に迫ります。 


茶の湯でも、ここち良い季節になり、炭火を遠ざけた透木釜を使いはじめます。 
この透木釜の種類に網目に桜の意匠の桜川釜がよく使われています。 
母が我が子と縁のある桜の花を粗末にしたくないと、

網で花びらを掬っている情景を鋳込んだものです。 

また、この時期には華やかに桜の木の下で、

桜の茶碗と桜ずくしの中で抹茶を一服所望いたします。 


桜川磯部稲村神社の桜について 

この神社の参道や神社が鎮座する丘の斜面に多くの山桜が見られる。 
山桜は東北地方に産する白山桜で

、特に芽吹きの時は赤芽も見事、学術的にも貴重な存在とされている。 
そばにある磯部桜川公園を含んだ周辺一帯は国の「名勝」に指定されておりまた、

神社及び公園にある桜が国の天然記念物に指定されております。 
この地は、古来より桜の名称として知られていたことから、

江戸時代には歴代将軍により、

隅田川堤、玉川上水など江戸の花見の名所を作る際に植樹されています。 

水戸市内を流れる桜川は、かの水戸光圀公が当地の桜を気に入り、

桜の苗木を数百本移植したことを機に、

桜川と命名したものと伝えられています。 


平成30年 卯月 
茶 遊 庵 
案内人 山﨑小夜 
 

★充実人生を気軽に語ろう★

それぞれの充実人生を気軽に語り合えたらとメンバー同志の交流の場を作りました。 
このメールレターやこれまでのメールレターを読まれての感想やコメント、
どんなことでもこちらのフォームからご記入ください。 
執筆者の励みになります。皆さまの気軽な一言をおまちしています。 
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 
充実人生クラブ(JJC)は友達から友達へと誘いあってクラブの輪が繋がり広がっています。 
お誘いしたい大切な方々にJJCからのお便りが届きますよう 
こちらのリンクからご登録下さるようご案内ください。 
どうぞよろしくお願いいたします。 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

 

JJCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります