【JJC通信】菩提樹 ② 〔充実人生コンサート〕vol. 2  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!


テーマ:

皆さん、こんにちは。 
充実人生コンサートの安納一郎です。 

前回のJJC通信「菩提樹」①では、歌曲「菩提樹」が
ドイツ民謡として広まった経緯を書かせていただきましたが、 
今回は原曲の「菩提樹」が、シューベルトの歌曲集「冬の旅」中に、
どのように組み込まれているのかご紹介します。 
とはいえ小生も詳しく勉強しているわけではないので、 
文献からの引用になってしまいますが、どうぞご容赦ください。 

「美しき水車屋の娘」「冬の旅」「白鳥の歌」は、
シューベルトの三大歌曲集と呼ばれています。 
その中で「水車屋」と「冬の旅」は、ヴィルヘルム・ミューラーの詩に作曲されたもので、
いずれも中世ヨーロッパの徒弟制度が背景にあるとされています。 
「冬の旅」は、恋に破れた若者が町を捨てて旅に出る物語、
と一言で言われることが多いのですが、 
実は厳しい徒弟制度の社会の中で突然その社会に背を向けた主人公が、 
その後、どう生きていくのかがテーマになっています。 
徒弟制度の社会では、まず親方に弟子入りし住み込みで仕事を学び、 
10年程度修行をすると「職人」となって、
別の親方の下に一定期間ずつ住み込んで仕事をしながら、腕を磨いていきます。 
「職人」は、まだ「一人前」ではありません。
給金はもらえるものの、金額は僅かです。 
市民権を得るには、さらにその上の「親方(マイスター)」にならなければなりませんが、 
そのためには技術はもちろん相当なお金も必要で、なかなか道は険しかったようです。 

一方、20歳前後の多感な時期に、

「職人」として町から町へと旅を続けるうちに恋が生まれることもあり、 
「冬の旅」や「水車屋」も、その恋が前提になっています。 


「冬の旅」の主人公の「職人」は、この町にやって来て「親方」の下で働き始めます。 
そして、親方の娘に恋をします。 
恋は順調に進んで、娘の母親の口から結婚の話が出るまでになりました。 
しかし、ある時、その恋は突然破局を迎えます。
そして、彼は絶望のあまり町を飛び出してしまうのです。 

夜、娘の戸口に「おやすみ(Gute Nacht)」と書いて去って行きます。 
「冬の旅」は、主人公の重い足取りのような前奏で始まります。 
第1曲「おやすみ」です。 

やがて着いたのが町の出口の門、そこには泉があり傍らに一本の菩提樹が立っています。 
主人公は この樹が大好きで、かつて恋がうまくいっていた頃には、 
仕事の合間にこの木陰に来ては甘い夢をみていました。 
そして、その樹皮に愛の言葉を書き込みました。 

今、真夜中に菩提樹の前に立って目を閉じると、風にざわめく枝の葉音が、
まるで自分に語りかけているように聞えます。

「友よ、私の下に来い。ここにお前の安らぎがある。」 

突然、冷たい風が吹き付けてかぶっていた帽子を吹き飛ばしました。 
しかし、彼は、それを拾おうともせず、そのまま町を出て行ってしまいます。 
彼の心の中では、何時までもさっきの枝のざわめきが聞えていました。 

「友よ、私の下に来い。ここにお前の安らぎがある。」 

第5曲「菩提樹(Der Lindenbaum)」です。 
無断で親方のところを飛び出した彼は、もはやどの親方にも雇ってもらうことはできません。 
将来「親方」になる望みはもちろん、現在の「職人」の地位も失ってしまい、 
路頭に迷うことになります。 
それは、自ら社会を逸脱してしまったことを意味します。 
しかし、この時の主人公は、まだ事の重大さを認識していません。 
それに気付いた時、この主人公はどうするのか、そして彼は最後にどこに行き着くのか、
それこそが、シューベルトが歌曲集「冬の旅」に込めたテーマだといわれています。
 
なお、「冬の旅」の歌詞からは、主人公の身分や失恋の理由などは一切分かりません。 
先程の解釈は、主として参考文献2の笠原先生の説に基づいていますが、 
「冬の旅」には色々な解釈があり、諸説ある中の一つとして読んでいただければと思います。 

「菩提樹」の原曲にはシューベルトの深い思いが込められているということをお伝えしたくて、
拙文を投稿させていただきました。 


参考文献1:冬の旅 24の象徴の森へ 
(梅津時比古著 東京書籍発行) 

同2:放送大学教材 西洋音楽の歴史 
(笠原潔著 放送大学教育振興会発行) 

同3:シューベルトの「冬の旅」 
(イアン・ボストリッジ著  
岡本時子・岡本順治訳  
アルテスパブリッシング発行) 

充実人生コンサート 
統 括 安 納 一 郎
~白髪のテノール~ 

 

★充実人生を気軽に語ろう★

それぞれの充実人生を気軽に語り合えたらとメンバー同志の交流の場を作りました。 
このメールレターやこれまでのメールレターを読まれての感想やコメント、
どんなことでもこちらのフォームからご記入ください。 
執筆者の励みになります。皆さまの気軽な一言をおまちしています。 
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 
充実人生クラブ(JJC)は友達から友達へと誘いあってクラブの輪が繋がり広がっています。 
お誘いしたい大切な方々にJJCからのお便りが届きますよう 
こちらのリンクからご登録下さるようご案内ください。 
どうぞよろしくお願いいたします。 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

JJCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります