【JJC通信】春めいて <茶遊庵だより> 弥生  | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!


テーマ:

一雫(ひとしずく) こぼして延びる 木の芽かな 
『諸九尼句集』より 

いよいよ春めいて、「梅は咲いたか、桜はまだかいな」と、
心の中もうきうきしてまいります。 
山里も雪がとけて、土筆、たんぽぽ、猫柳春の草花がいっぱい・・・。  
眠りから醒めた生き物たちも春の光をあびいっせいに動き出します。 

弥生月は行事の多い月です。 
茶の湯でも、上巳(三月三日)の趣向で雛祭茶会が催されます。 
お雛様といえば、「桃」ですね。 
桃は、枝にそって沢山の花を付けるので、子孫繫栄の象徴としています。 
桃は、邪気を祓い不老長寿を与える仙木、仙果とされてきました。 
また、弥生の茶事はお懐石料理も楽しみの一つですので辻留さんの 
春の点心の一部を紹介いたします。 


◼️ 赤貝と独活の向付 

〔主な材料〕赤貝・独活・三つ葉・生姜・薄口醬油・米酢・二番出汁 

赤 貝:蝶番をはずし中身を取出し、身を切り開ききもをはずす。
笊にのせ塩をふり軽くゆすり水で洗う。 

独 活:ほどよい長さに切り皮を厚めに剝く。
拍子切にして長さを整え、水にさらす。(酢を少々いれて) 

三つ葉:柔らかく茹でておく。 

生 姜:皮をむいて、おろし金でおろし、露生姜の準備をする。 
(生姜酢の作り方・・薄口醬油・二番出汁・米酢を合わせ生姜をしぼる) 
 

◼️ 白魚のウニ焼き 

〔主な材料〕白魚・雲丹・酒 

白 魚:金串を差し、やや強火で尾が焦げないようやき、
刷毛で雲丹をぬる。 
(家庭で調理するときは、オーブンに並べて焼、雲丹をぬる。) 

◼️ こごみ旨煮 

〔主な材料〕こごみ・二番出し・薄口醬油・酒 

こごみ:熱湯で色よく茹で、冷水におとす、鍋に出汁、酒を煮たせ、
こごみを入れひと煮立ちさせ、鍋ごと冷水につけ冷ましましょう。 

◼️ 木の芽和え 

木の芽和えは、木の芽をすり春を旬とする素材を和えたものです。 
(例:竹の子・独活・百合根・蒟蒻・烏賊) 
        
白酒に桃の華を浮かべてみました。 




平成30年 弥生 
茶 遊 庵
案内人 山﨑小夜

 

★充実人生を気軽に語ろう★

それぞれの充実人生を気軽に語り合えたらとメンバー同志の交流の場を作りました。 
このメールレターやこれまでのメールレターを読まれての感想やコメント、
どんなことでもこちらのフォームからご記入ください。 
執筆者の励みになります。皆さまの気軽な一言をおまちしています。 

   
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 
充実人生クラブ(JJC)は友達から友達へと誘いあってクラブの輪が繋がり広がっています。 
お誘いしたい大切な方々にJJCからのお便りが届きますよう 
こちらのリンクからご登録下さるようご案内ください。 
どうぞよろしくお願いいたします。 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

JJCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります