菩提樹 ① 〔充実人生コンサート〕vol. 1 | 充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブ・レポート

充実人生クラブの活動報告など最新情報をお伝えしています!


テーマ:

皆さん、こんにちは。 
充実人生コンサートの安納です。 


第4回のコンサートでは、日本の歌に加えてドイツ歌曲「菩提樹」を演奏しました。 
コンサートでは時間の関係で解説しませんでしたが、
今回、この「菩提樹」について少し書かせていただきたいと思います。 



西洋歌曲に興味のある方はご存知でしょうが、
「菩提樹」はシューベルトの歌曲集「冬の旅」の中の一曲です。
にもかかわらず、愛唱曲の楽譜などにはドイツ民謡と書かれていることがあります。 
なぜでしょう。 

日本でこの歌が歌われるようになったのは明治の終わり頃からで、 
「泉に沿いて繁る菩提樹」で始まる近藤朔風の訳詩で有名です。 
JJCコンサートの歌集にも一部歌詞を載せておきました。 

私事を言わせていただければ、私の祖母が若い頃、
この曲が大好きだったようです。 
小生は中学校の教科書でこの歌を知ったのですが、
祖母が歌うメロディーとは少し違っていました。 
子供心にも疑問に思ったのですが、そのままになっていました。 
ところが最近になって「冬の旅」に関する本を読む機会があり、 
やっとその経緯が分かりました。 

「冬の旅」が作曲された後、「ローレライ」で知られる作曲家
フリードリッヒ・ジルヒャーが、原曲を大幅に編曲、
というより原曲のメロディーを主題にした新たな曲といってもいいくらいの 
「菩提樹」を発表しました。 
原曲では1番から4番まで異なるメロディーで、
特に3番は、1番、2番とはまったく違う
ドラマチックな旋律になっているのですが、
ジルヒャーの編曲では、すべて同じメロディーで、
しかも一部歌い易いように直しています。 
結果、原曲のような深く重たい曲ではなく、
のどかで牧歌的な歌になってしまい、
ドイツ民謡などとしてずっと歌い継がれてきたようです。 
ジルヒャーは原曲のイメージを大きく壊してしまったことになるのですが、
一方では、そのおかげで「菩提樹」が広く知られることになったともいえます。 

今回のコンサートでは、少々乱暴とは思いましたが、
この二つの「菩提樹」を同時に聴いていただけるような演奏にしました。 
ピアノとドイツ語の部分は原曲に近い楽譜で、
日本語の部分はジルヒャーの編曲したものを歌いました。 
両者の違いを聴き比べていただきたかったのですが、
いかがでしたでしょうか。 


ところで、日本で菩提樹というとお釈迦様がその下で悟りを開いた樹として知られています。 
「冬の旅」の詩を作ったヴィルヘルム・ミューラーは 
「菩提樹」に何か宗教的な思いを込めたのでしょうか。 
答えはNOです。 
実は、ここに出てくる菩提樹(リンデンバウムLindenbaum)は、 
お釈迦様が悟りを開いた樹とはまったく異なる種類のものなのです。 
お釈迦様の菩提樹は、
和名でインドボダイジュと呼ばれるクワ科の植物で、
熱帯地域にしかありません。 
仏教が中国に伝わる時、当然菩提樹も伝わってきたのですが、 
この樹は中国では育たないので、
形の似たシナノキ科の植物を菩提樹としたのです。 
これがいま日本にある菩提樹です。 
さらに、冬の旅に出てくる菩提樹(リンデンバウム)は、 
同じシナノキ科で和名をセイヨウボダイジュ(セイヨウシナノキ) 
という樹だそうです。 
ヨーロッパでは、この樹を自由や愛の象徴と考えています。 
東洋の菩提樹が悟りの樹なら、西洋の菩提樹は愛の樹なんですね。 

次回は、原曲の「菩提樹」が、歌曲集「冬の旅」の中でどんな意味をもっているのか、 
書いてみたいと思います。 

参考文献:冬の旅 24の象徴の森へ(梅津時比古著 東京書籍発行) 

充実人生コンサート 
統 括 安 納 一 郎 
~白髪のテノール~
  
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 
充実人生クラブ(JJC)は友達から友達へと誘いあって 
クラブの輪が繋がり広がっています。 
お誘いしたい大切な方々にJJCからのお便りが届きますよう 
こちらのリンクから 
ご登録下さるようご案内ください。 
どうぞよろしくお願いいたします。 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 

JJCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります