今朝になって、午後のお客様からキャンセルの連絡があった

キャンセルを嫌う経営者も多いけれど、お客様もそれぞれに事情があるので、私は急なキャンセルも仕方ないことだと思っている



さて、この時間をどう過ごそう?

サロンで片付け物をしようか

家に帰って家事を済ませようか

お気に入りのカフェに出掛けようか



まずは、家に帰ってお昼ご飯を食べよう

朝、家を出る前に連絡があったので

外で食べてもいいし

なにか買ってもいいし

家に帰ってもいいからと 

お弁当は作らなかったのだ


簡単にお昼を済ませて ご飯よりもよっぽど手間をかけて淹れたコーヒーを飲むうちに 

お天気もいいし、気持ちよさそうだから

自転車で公園に行こうと思いついて

飲みかけだったコーヒーをポットに入れて

手近にあった本を1冊持って出てきた




歩く速度で見えるものと

自転車の速度で目に入るものが違って面白い

車に乗ればまた違うものが見えてくるのだろう

速度を増せば見えなくなってしまうものもあるけど その速度でしか見えないものもあることを 自転車に乗るようになってはじめて意識した


はるか昔、高校には自転車で通っていた

あの頃 自転車はただの移動手段で

日々の生活に必要不可欠なものだった

今の私にとって自転車は

新しく手に入れたおもちゃだ

まだまだ物珍しくて 楽しくてたまらない

風を浴びる感覚とか

自分で漕いだ分だけ進むこととか

登り坂は辛く、下りは快適なこととか

そんな当たり前のことがいちいち新鮮で面白い


こんなことでワクワクしてるなんて

高校生の頃の私が知ったら驚くだろうな

営業日なのに時間が空いたからといって

フラフラと出かけちゃうだなんて

開業当時の私が知ったら驚くだろうな

そんなことを考えてニヤニヤと笑ってしまう

なかなかいい年の取り方をしてるじゃないか!



自転車に乗った人

ジョギングをする人

犬の散歩をしている人

小さなお子さんを連れたご家族

いろんな人が各々の速度で通り過ぎていく



穏やかな秋の風景

いい時間を過ごせて満足🍁

もう少し本を読んだらサロンに戻ろう