無くて七癖というように

どんな人にも癖があるもの


それが身体に染み付いた行動の癖なのか

思考の癖なのか

ちょっと考えてみるのも面白いかも知れない




完全予約制 おひとり様 鍼灸サロン 寿あき屋(じゅあきや) まっきー こと 菅原 万貴です

身体が本来持っているすごい力をぐんと引き出す全身治療とお肌の悩み解決 美容鍼を行っています

全身のめぐりが整うとむくみやハリが解消されてスタイルアップ⤴️にも繋がります



先日、8年前から現在までのヘアスタイルの変化をFacebookに投稿しようと写真を並べて気付いたんだけど 右側から撮った写真が圧倒的に多い


2016年から5年程、左が短く右が長めという

アシンメトリーの髪型にしていて

左右の長さの違いがわかる写真を並べたかったのに、正面や左から撮った写真がほとんどない


2013年からのヘアスタイルの変遷


2016年から5年間のアシメスタイルの変遷


これには理由があって

・自撮りが多い

・自撮りの時は右手にスマホを持つ


でも、誰かと一緒に撮る時も

誰かに撮ってもらった写真も右からが多い

右が見えるように、左を向いてる(肩をひいてる)のはなぜ?




人の顔は左右対象ではないので、右側と左側でずいぶん印象が変わると言われている

人の目は左右対象を美しいと判断するので

芸能人は左右対象の比率を持つ人が多いらしい

調べてみたら 黄金比の顔の芸能人ランキング なるものを見つけた



古くはオードリーヘップバーンの顔は左右対象に近いと言われていたけど 実は対象ではなかったし、加齢とともに非対称な部分が増えたらしい

対象ではないところにその人の魅力があるとも言われる

一般人である私は 年齢とともに

味のある、私らしい顔になれたらいいと思う



ちょっと話が脱線しちゃったけど 

こういうこと


右ー右、左ー左の顔をシミュレーションするアプリとかもあるけど、ここはシンプルに片側を隠して撮影

化粧による調整を避けるため ほぼすっぴん

(さすがに眉だけ描きました)


一般的に、左側に表情が強く出るらしく

右側の方が寂しそうな印象

左側の方が明るい印象になると言われる

よく見ると私も左の方が口角が上がっている


じゃあ、なぜ私は右側の写真が多いのか?


・左のほうれい線が深い

・左あごにアザがある

・左頬に大きめのシミがある

(この写真だとわかりにくいけど)


だからなるべく左側を隠したい

最初こそ意識していたものの

いつの間にか無意識にそうしていたのだろう


そして、もうひとつ

子供の頃〜30歳くらいまで ひどいアトピー性皮膚炎で 特に右手の荒れがひどく絆創膏が欠かせなかったくらい

今は切れたりすることはないんだけど 荒れていた名残でシワが多く あま右手を人前に出したくない 写真に残したくない

・右手が写らないように


こうなるともう完全に思考の癖


スマホを右手に持つのは

数年前まで手帳タイプのカバーを使っていて

対だと構えられなかったからでもあるんだけど

今は手帳タイプではないので左手でもOK

シワだってシミだってアザだって

たぶん気にしているのは私だけで

人はそんなに見てないのよね

いつもとは違う行動をしてみるのもきっと面白いから 違う角度の写真も撮ってみようと思う






〜心と身体をゆるめて

     免疫力をupしましょう〜


寿あき屋 ―じゅあきや―

〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目2-18 
バークレー601

完全予約制のプライベートサロンです

ゆったりとした個室にて施術します

回のご予約、お問い合わせは
ホームページのご予約フォームか
メッセンジャー、またはLINEにて
お名前(フルネーム)、性別、生年月日、お困りの症状とご希望の日時をお知らせください


※男性のお客様はご紹介のある方のみ承ります




Facebook
菅原 万貴     こちら


LINE
菅原 万貴    ID:jyuakiya  



お電話の場合は
☎011-596-0571にお願いします
施術中は電話に出られないため
ほぼ終日留守電になっています
お名前とご連絡先をお願いします
のちほどこちらからお電話させていただきます