男性ばかりの中で仕事することを苦だとは思っていなかった
もっと可愛らしく振る舞えば いろんなことが違ったと 今なら思うけど 
当時は男性と同じように 
負けないように とばかり考えていた

先日のこと
全く違う職種ではあるけれど やはり 男性ばかりの中で バリバリ仕事をしてきた友人から
自分の中から小さいおじさんが出て行った感覚があって そこから女性らしい化粧や服装が出来るようになった という話を聞いて
男性に混じって仕事する女性は 自分の中に小さいおじさんを住まわせるものなのかな なんて思いながら 私の中のおじさんは出て行かなくていいからね そこに居ていいからね とそっと胸を押さえた



所属団体の役職は2年前に降ろしてもらった
そもそも 私には向いていないことだったし
サロンの移転問題が一向に進まず 辞めることはないまでも一時的に休業するかも知れず 
さらにいくつかの要因もあり 諸々 潮時だなと思ったから



そこから少しずつ 私の生活は変化したし 
それまでジーンズかスーツしかなかった(←そんなところもおじさん)ワードロープにも彩りが増えた
セットアップのパンツスーツは封印した
フットネイルをはじめた
最近はロングスカートとワンピースがお気に入りで おじさんを住まわせたままでも 女性らしい部分を増やせると思っていたから 
出て行かなくていいと思ったのかも知れない


先日  ちょっとしたトラブルから 大切な友人を怒らせ 傷付けてしまった

後日 友人は私の謝罪を受け入れて ものすごく寛容に許してくれて 感謝しかないのだけれど
謝罪するまでの間は不安だった
ご縁の糸を断ち切ってしまったのではないかと震えた


極度にトラブルを嫌う私は 
普段 人と言い争うことはない
(仕事のことは別!仕事はけっこう鬼💦)
この時も決して言い争ったわけではないけれど
これまでの経験上 このパターンはまずいやつ(ケンカ別れのまま 疎遠になってもおかしくないやつ)だと感じていた
それでも その日は どうすることも出来ず 別れるしかなかった


ここが めっちゃ アクセスバーズ的だと思うんだけど 翌朝起きた途端に 視界が開けて 👀
前日の出来事は私の勘違いだったと気付いた!
本当に 急に視界が開けた感じ
あんな状態で別れて モヤモヤしたまま寝て
寝起きで 間違いに気付くなんて 今までなら考えられない💦


程よい時間を見計らって まずはLINEで謝罪
その日のうちに やるべき事を済ませて 報告
直接会って 謝罪したいので 時間を作って欲しいとお願い(←私 めっちゃ頑張った‼️自画自賛✨) 

そんなワタワタの最中 ふと
私の中の小さいおじさんが背中を丸めて しょんぼりしている姿が目の前に浮かんで
おじさんまで落ち込ませちゃってごめんねと
声を掛けようと近寄ってみたら 
おじさんだとばかり思っていた 小さい人は 本当に小さい人(小さな女の子)で💦

例えとして 正しいかどうか 微妙だけど
こんな感じ?(笑)
後ろから見て カニだと思って 前にまわってみたら キティちゃんだった みたいな😅

そんな 映像が 思い浮かんだ
自分の中に 小さな女の子が。。。というのは
よく聞く話だけど まさか自分がそんなことを言い出すだなんて 思わなかったので それ相当に戸惑ったんだけど

それよりも 今やらなきゃいけないことが多過ぎて 時間の制約(←勝手に制約してたのだけど)もあって 深く考えもせず そのまま 受け入れてしまった(こんなところも アクセスバーズ的!だと私は思う)


なにはともあれ
一度 受け入れてしまったら
私の中のおじさんは 
おじさんを着ぐるんだ 小さな女の子 でしかなく
おじさんであれば 邪険に扱ってもよかったけど
小さな女の子は 大切に守るべき存在なので
終始ご機嫌を伺うことになった


小さな女の子はワガママだ
かわいい格好をしたいとか
夏色メイクをしたいとか(←小さいくせに!)
美味しいものを食べたいとか
もっと休みたいとか
フラメンコ踊りたいとか
浴衣着てお出掛けしたいとか
○○さんに会いたいとか
やりたくない事はしないとか
私をもっと構ってとか
本当に果てしない

最近 巷でよく言われる
自分を大切にする がよくわからない私だけど
ひとまず 小さい女の子の機嫌を取りながら
暮らしてみようかと思うのだ

(おじさんが恋しい。。。)