仕事ができない人って | The new office worker 〜新時代のサラリーマン〜

The new office worker 〜新時代のサラリーマン〜

新時代に生き抜くには、どんなサラリーマンなのか?
理想のサラリーマン像を求めて成長していくストーリー。

どうも、heeekunこと山本英貴です。
普段はサラリーマン生活を送りながら
日々の気付きや学びを発信しています。

今回のテーマは

 

 

「仕事ができない人」

 
 
 
 

 

について気付きをシェアしていきたい
と思います。

僕は、サラリーマン生活がかれこれ
20年以上になります。

いろいろ人をこれまで見てきましたが
やっぱり仕事で上手くいく人は
何か違うのかなと思って見てきました。

で、最近はっきりしたことがあります。

それは

「仕事が上手くいかない人は机が汚いってこと」

ここで言う汚いとは
単に汚れてるだけでなく
資料がぐちゃぐちゃで山積みになっていたり
整理されて置かれてなかったり
引き出しの中が適当にモノが入っていたり

などなどで。

こんな机で仕事してるなんてアリエナイという
人は、やっぱり仕事が上手くいかない人が
多いです。

そんなのたまたまでしょ?

って思う方いると思いますが。
 
そういった人は
頭の中も整理されていません。
 


それって、たまたまでもないんです。

頭の回転がよく頭もいいのに
成果が出ない人、あなたの周りにも
いませんか?

その人はたぶん机が汚いです。

机の上がキレイでも
中が汚いとかです。

でも、なぜ成果が出ないのか?

それは結局、

自分の周りが汚い人というのは
集中できない環境を
自分で作り出しているから。

自分の身の回りが汚いと
エントロピーが高いということ。

 

 

仕事って色々な数や量をしていると

思うのですが。
今やるべきこと、大事なことを
集中してやらないといけないことがあるのに

 

他のことに気がいっていたら集中できずに

エネルギーが分散されてしまうんです。
 
ひとつのことに
集中してエネルギーを注ぐことができない
状況を作っているんです。
 
つまり

 

仕事の効率を自分で下げてしまってるんです。
知らず知らずのうちに。


だから、
仕事を上手く回したければ

まずは

「デスクを片付けてみる」

これを何も考えず実施してみてください。


これだけで
集中できる環境になるし

自ずと結果が付いてきますよ。

 


一度試してみてください。

また、仕事が上手くいってる人を
観察してみてください。

キレイな人が多いはずですよ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

ps.ご意見ご感想、またコメント頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 

フォローしてね!  ペタしてね

 

 

 

LINE@でも受け付けしてます。

 

 

友だち追加


↓参考文献です