去年の3月の記事。

今でも着物を着るたびに、このことを思う。


今日も着物。



着物姿を娘に見せよ。


きっと、優しいあの娘は

「お母さん、可愛い」

っていってくれるはずや。


認めてもらえる、って、


ものすご大事やな。


私が素敵、と思えてくる。


自分で自分のこといい!って思っていいんや。


そう許可をもろた気がする。


着物は、めっちゃ、自己肯定感の高まる衣装やねん。


着物の国の人やもん。


きてほし、とおもいます。



ちょっとでも 


着たいな、とおもてたら、


やってみてな。


私は50から着だしました。


63歳の人にも着付け教えました。


何歳からでも楽しいもんでっせ。


嬉しいもんでっせ。