【大阪】着物✖️しぐさ✖️メイク✖️表情で女らしさを引き出し、自己肯定感を高め、愛され女性になるための、45歳からの女子力向上研究所 なかまつ小百合です。 

 

4月7日から、5代目吉田玉助を襲名される吉田幸助さんが私のラジオ番組「45歳からの恋愛白書」のゲストとしてきてくださった。

 

それもなんと羽織袴でっせ!

 

スタッフ一同、緊張してお出迎えしましたよ。

 

もちろん、私も、聞き手として出演してくださった、古典芸能案内人の天野光さんもお着物です。

 

 

{59131C70-CA9B-449F-8E6F-6716D5DBF581}

 

 

 

ラジオを聴く前に、さゆり下調べ。こちらをお読みになってください。

 

●襲名公演演目の本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)。

もともとは中国において孝行が特に優れた人物24人を取り上げた書物「二十四孝」をヒントにつくられたもの。

 

これの日本版だから「”本朝”廿四孝」。

全5段。そしてその前に「大序」(だいじょ)がある。


その中で今回演じられるのは、3段の「勘助住家」(かんすけすみか)という演目。

 幸助さんのお祖父様、3代目吉田玉助の襲名公演でも演じられたものだが、

通常演じられることが多いのは4段の中の「十種香(じゅしゅこう)の段」と「奥庭狐火の段」


美しいお姫様が、切腹して亡くなったと思っていた許嫁(いいなづけ)を十種類の名香を焚いて、供養していると、許嫁に瓜二つの青年を見つける、という「十種香」、そして命を狙われている恋人を救おうと狐の化身となって、助けにいくという「つばさが欲しい、羽が欲しい」という名ゼリフが有名な、坂東玉三郎以下歌舞伎でもよく演じられている、通称「狐火」


対して、「勘助住家」は演じられることはあまりない。どんでん返しがおおくて、話も混みいっている。


 幸助さん・光さんが後半、「十種香」「狐火」と言ってるのは、本朝廿四孝の、襲名演目の段以外の、有名な段の話し。

光さんが、「今回大序から見た。」というのは、普段、上演されることのない、本朝廿四孝の、ほんとの最初の最初から、見たということです。


小割帳(こわりちょう)とは、各人形の、主遣い(頭と右手)、左遣い(左手担当)、足遣い(足担当)をどの人形遣いが担当するかを記したものです。


 

さあ、ラジオ番組はこちらから!

 

私が30分お話しして感じた吉田幸助のありのまま。

 

◯幸助さんはお茶目♪

 

この番組は実は2度目の収録。

最初の収録は、あることがあって撮り直すことになった。

それは・・・。

 

幸助さんが、収録途中、「うわぁ!」と叫んだから。

 

本番に、人形遣いが叫ぶ・・。

あかんやろ。

 

何があったんや?!

 

実は本番前に私は、自分のセルフマガジンを幸助さんにお渡ししていた。

 

 

{641B7BCF-9D21-4EAF-991D-399F14583789}

 

 

幸助さんは、私が喋っている間に、それをパラパラあけてみてくれていた。

そして最後のページを見て瞬間、

 

「うわぁ!」

 

それはこれを見たから。

 

 

{333648CD-4B51-4FE1-B02A-0AC1ED3F21F9}


幸助さんより2歳上のお姉さんのビキニ姿は、それほど衝撃だったのか?

 

 

 

幸助さん、舞台は何があるか、わからしまへん。

怖いもんみても、4月7日からは、声出したら、あきまへんえ。

 

 

◯幸助さんは M?

 

マスクもいいし、52歳なのに髪の毛ふさふさ、身長も180cmと文楽界一背が高い、そして甘い声・・・・というと

 

{1DD48F6E-3E6A-4128-9DBE-C6DF95ECE0BC}


「家では滑舌(かつぜつ)が悪いと叱られてますねん。」

 

「この前も『はさみある?』と聞いたら

ぼんち揚げ?って言われまして。」

(そら、どうかしてまっせ。)

 

太ってなくて、スラってしてる!と誉めると、

 

「いえいえ、家では、腹筋ないので、一つ割れのパーフェクトボディ」っていわれてますねん」って。

(面白いけど、どんなお腹か想像できませんえ)

 

 

ニコニコと奥様からのダメ出しを嬉しそうに話す幸助さん。

 

可愛くなじられるの、お好きでしょ❤️

 

 

◯幸助さんは正直者

 

「襲名・・・今までぜんっぜん緊張してなかったんですけどね、緊張してきましたわ・・・・。」

 

「初日なんてね、腕まだできてませんわ。だから終わってから何て言われるか怖いですねん。」

 

「襲名のときはね、ええですねん。みんな、よかったよかった、ってね。怖いのは終わってからですわ。父や、玉助(お祖父様)の舞台を見てる人まだ御健在ですからね。」

 

「襲名なんてね、するもんやないですよ」

 

そんなこと、いうてえーんですか?

ヒヤヒヤして聞いてましたよ。

 

◯天野光さんとの文楽対談

 

◯光さんのお祖父様と、幸助さんのお祖父様の不思議な縁

◯時代物の名作が多い中で、襲名公演に、なぜ『本朝廿四孝〜勘助住家』の段をえらんだのか?

3代目玉助の襲名公演演目だった他にあった、もうひとつの理由

◯演目の中のぶっかえり(早着替え)について

◯滅多に誉めない師匠、初代玉男さんに、幸助さんが初めて誉められた言葉とは?

(光さんによる、初代玉男師匠のモノマネつき)

 など、ここでしか聴けない話、盛りだくさんですよ!(^^)

 

◯お父様・玉幸さんへの想い

 

厳しかったお父様の玉幸(たまこう)さん。

お写真見たら、、、はい。確かに厳しいお顔。

 

{E8873B07-E43B-44CD-A81D-B46488B1C82D}

 

 

家でも毎晩鴨居から人形の足を吊って動かす訓練を受け、拙いとド突き倒された(文楽研究家・高木浩志さん)

「もうね、夜ね、ウィスキー飲んでたら目がすわってくるんですわ。」

そろそろ小言がくると。諦念(ていねん)する若かりし幸助さんの姿が目に浮かぶ。

 

おかっぱ頭で楽屋に出入りして、みんなから可愛がられた幸助さん。

みんなから幸ちゃんと呼ばれている。

 

{E4487C2E-93A0-40AD-84A7-306C226BD67C}

 

お父様の玉幸さんは、厳しい方だったが、いっぽうで、自分の楽屋着や浴衣、果ては黒衣や袴までも自分で縫われた、という一面もおありだった。(同・高木浩志さん)

きっと、身に付けるものを自分で縫うことで、さらに魂を込めて、仕事に向かってられたんですね。

 

そんなお父様に叩き込まれた幸助さんの「基本」はきっと、素晴らしい宝物。

 

「舞台、楽屋でこてんぱんに怒られ、勿論家でも芝居から帰ってからのご飯の時間も毎日延々と怒られながら教えて頂いた」

「父が居なくなってからその有り難みが身に沁みています。」

(襲名記念冊子・幸助さんご挨拶文から)

 

今回お父様には、4代目吉田玉助が追贈される。

これは文楽では、初めてのこととか。

 

「父の名前が残るのは、ありがたいことです。」

その一言に、厳しく、恐ろしかったお父様への感謝と愛情が、深く深く伝わってきました。

 

豪快な立ち役(男役)、お祖父様の3代目玉助、お父様の4代目玉助、そして5代目玉助がこの春並ぶ。

 

お祖父様、さぞや、お喜びだと思います。

 

{F518E3EA-2091-4493-8223-4595ADC9D9C8}
 

◯みなさん、そんな幸助さんの晴れ舞台、

5代目吉田玉助襲名記念公演を見に行きませんか?

 

公演は、大阪・日本橋 国立文楽劇場で。

4月7日から30日まで(19日は休演)

http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku.html

 

 

{20AD53A0-0161-4777-BF2F-A8F61F710790}


(私の一番シビれた幸助さん。(^^))

 

 

 

 

◯今回、幸助さんから、リスナーの方に素敵なプレゼントをいただきました。❤️

 

 ◯5代目吉田玉助襲名記念冊子2冊

 

{EBF37050-F778-449A-8786-DC54963EB2F9}


◯「ボーカロイドオペラ葵上with文楽人形」パンフレット1冊

◯「ボーカロイドオペラ葵上with文楽人形」DVD2枚 

◯「ボーカロイドオペラ葵上with文楽人形」ブルーレイ2枚 (特典映像付き) 

 

{E0E0C362-8262-4293-AF57-F6E20D3063C5}


◯幸助さんの奥様・イラストレーターの中西らつ子さんの「幸助さんのイラスト付きメモ帳」4冊 

{DCD6D9E0-2B40-4DFF-AFEF-FA68CA9C7E9D}

 

プレゼントご希望の方は、幸助さんの番組を聴いていただいた上で、

ご希望の商品を指定していただき、こちらからお申し込みください。

 

みなさんから寄せられた感想から、プレゼントに当選された感想を、ブログやFBで発表させていただきます。

 

◯さあ、ラジオ番組はこちらから!

 

⭐️残1席!【天野光さんと文楽へ行こう!第五代吉田玉助さんの襲名公演!】

 

とうとうあと1席になりました!

公演前に天野光さんの文楽講座、講演後に人形遣いの技芸員さんの、実際の人形を使ってのお話をご用意しました!

 

■4月15日(日)10:00-16:30

「天野光さんと文楽に行こう!]第2弾!

■当日の流れ

①開演前に文楽劇場の会議室で天野光さんの文楽講座(10:00-10:40)

②第1部の襲名公演を鑑賞(1等席)(11:00-15:25)

*幕間30分の休憩時間に、お席かロビーでお食事をおとりください。

③公演終了後、人形遣いの技芸員さんから、実際の人形を持って来て頂いて、人形遣いのこぼれ話など、とっておきのお話を聞かせて頂きます。

(15:40-16:20予定)

④参加者の皆さんで記念撮影。

(16:30終了予定)

会費8000円

(吉田玉助襲名公演1等席チケット+天野光さんの文楽講座+人形師技芸員さんの文楽こぼれ話・実際の人形も間近で見てもらえます。)

 

 https://www.facebook.com/events/421720181594735/?ti=icl

 

 

 

【45歳からの女子力向上研究所のイベント・企画】

 

⭐️キャンセルにつき、あと1席!大好評!【第4回2018年・春の和食マナー講座】

 毎回、驚きと感動の人気講座。

リピーターも多いです。

■日時 3月17日(土)12:30-15:30

■場所 和処「Re楽」(地下鉄「東梅田」駅歩3分)

■講師、裏野由美子先生。(マナー講師・和処・Re楽の女将・元ホテル飲料部マネージャー)

■参加費 8000円。(会席料理代込み)

https://www.facebook.com/events/400978300350407/


 


⭐️残8席!【学ぶなら今!きちんと知りたい、洋食マナー講座

皆様から要望の高かった、洋食マナー講座!ついに開催します。

裏野先生から講義の後、フレンチフルコース9品!を頂きながら、

マナーを学んで行きます。

■5月27日(日)

am11:30-pm2:30

■場所

フレンチレストラン・ユニック

(堺筋線北浜駅より徒歩3分)

■講師

裏野由美子先生(マナー講師・和処・Re楽の女将・元ホテル飲料部マネージャー)

■定員

12名限定

■参加費 8500円(洋食マナー講座開講価格🌸!)

(フレンチフルコース9品代込み)

✳︎男性の方もご参加いただけます。

https://www.facebook.com/events/930794977088237/?ti=icl

 

 

上記のサイトが開かない方は、または「参加ボタンは押すの恥ずかしいわー」という方は、メッセンジャー・もしくはこちらまで(「その他イベント」にチェックを入れて、メッセージ欄に参加されたいイベント名をお書きくださいませ)

 

 

【45歳からの女子力向上研究所のレッスン】

 

■︎自己肯定感があがり、"愛されるお顔"になるメイクレッスン 
貴女のキレイが10倍になる、表情レッスン

出張お着物レスキュー

笑顔あふれる着物美人養成講座6ヶ月コース

女らしさを引き出し、キモノが普段着にかんじられる着付け教室

「女子力アップの美しい所作」レッスン

遠隔表情レッスン

 

■お問い合わせ

 

女子力向上研究所 HP  

なかまつ小百合のFB  

レッスン・イベント・セルフマガジンのお申し込み

 

■■第5回セルフマガジン大賞 優秀賞受賞!■■

「ようこそ!なかまつ小百合の世界へ 45歳からの女子力向上研究所」無料でお送りさせていただきます。

 

「読んでみたい!」と思ってくださる方は、こちらからお申し込みくださいませ

 

{FE296893-4E78-4AF9-8A71-D343E9EDEABD}