今日は、スマホの写真撮影会。

最後の紅葉を切り取りに、京都へ。
 
カメラマンの如月凛さんの指導で、印象的な構図や
 
{432A575A-59EA-4AA9-A032-724DBEFF7E9B}
 
{E7A0C382-987D-4844-B866-B4FB13F89712}
 
対象物をクローズアップして、迫力を持たせること、
 
{D84DE603-47DB-4257-AD00-6143D0E096D5}
 
たまには、モノクロにしたり、といろんなことを教えていただきました。
 
もちろん、教えて頂いたようにはなかなかいきませんが。
 
{631914FD-DEEC-4370-B084-0068A32D5FC8}
 
両親が式を挙げた八坂神社。
 
{BD12E8A2-7A81-46C5-BD43-48E4147D33BB}
 
{5B52B587-4CC5-4A3D-9CB4-FAEECF5AF675}
 
額縁の中、っていいな。、
 
{DBB840A3-B623-44D8-9258-7ECF8510C1F1}
 
{EBA31123-7CDE-477F-A29B-E1C37583050E}
 
{1D64F88D-07AF-4CBE-AC8C-21006AAD025E}
 
置いて行かれた秋。
 
{67B81F68-A134-42EC-A2F2-5205B8BEDB4E}
 
{7F69B210-65D7-4AE2-87D3-29F21E39B514}
 
花一輪。連なる紅葉にも負けない。
 
{CE9B0DF4-604B-4254-8836-458C08855FB5}
 
石塀小路は素敵なところ。
 
{C00EBC74-70C8-4C91-A851-BEDB7F31FC80}
 
紅葉の妖艶さは、妙齢の美女の唇を思わせる。
 
{F564F33F-3C8C-4F1B-807A-6C087A98FF6F}
 

最後はほうじ茶でほっこり。

{E6433CB3-C10B-4C1D-8FD3-B82463AF5DE3}

生まれた街、幼い頃から何度も行った場所を、こうやって、丹念にみて、切り取ってみるのは新鮮でした。 
 
 
美しい、と、自分が思う角度は、モノはなんなのか?とみていくと、それぞれのセンスや、美学に行き当たるんでしょうね。
 
 
今日も京都の街は、お着物の男女でいっぱいでした。
 
 
風も冷たい11月の末に、丈の短い、浴衣のような着物を纏う若者達は、とても寒々と見えました。
 
 
正絹のお着物と羽織、道行を着てらっしゃった方はほとんどいなかったような。
 
 
先斗町、ぽっくり履いてそぞろ歩く舞妓さんは多分みんな観光客の方。
 
 
本物の芸妓さんや舞妓さんにお目にかかりたかったなぁ。
 
 
ほとんどの方の帯が、カンタン浴衣のように、差し込み式のものの中で、可愛いウサギのお太鼓を締めたお嬢さんがおられました。
 
今日は一日、たくさんの着物女性を見てきたけれど、その方を見て、「初めて着物を着た人だ」と思えたのは不思議な感じでした。
 
 
京都の紅葉も街並みも素敵だけれど、着物姿にカメラを向ける気はしませんでした。
 
 
たくさんの方が京都という街にいらして、着物を纏ってくださるのはありがたいこと。
 
でも、素敵だな、と思う着物も、美しいたたずまいを感じさせる方も、ほんの一握り。
 
このことを嘆くのではなく、だからこそ、昔の古き良き着物に袖を通すこと、美しい所作を身につけることは、意味があるのだと、際立つことなのだと、いう思いを深くしました。
 
写真を撮ることで、私は何を美しいと思うのか、何を残したいのか、そんなことに思いを馳せた、かなり深ーい、一日になったのでした。
 
■12月の着付け教室は12月3日(土曜日)と17日(土曜日)の午前(10:30から)と午後(14:00から)女子力向上研究所で(JR・近鉄・地下鉄鶴橋駅歩4分)
 
■12月のしぐさ美人レッスンの団体レッスンは12月10日(土)、24日の10時から11時30分まで。天王寺区民センター(地下鉄谷町線 四天王寺夕陽ヶ丘前より徒歩2分)でございます。
 
女子力向上研究所の商品・サービスはこちらへ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

先日の着物しぐさ美人のレッスン。

 
お教えしたのは、美しくゴミを取るしぐさ。
 
着物美人が、ゴミを拾う、それだけで、私が男性なら、キュンキュンきますが、そのしぐさが美しければ、もうそれは、「忘れられない人」になってしまいます。
 
普通の貴女は多分ゴミをこう、とっているはず。
 
{3B127EDD-9DA7-4BD2-9B21-91FA54FB0B2D}

しかし、しぐさ美人は、こう取ります。
 
{2B823A91-7FD7-4BE7-BA4E-6B5E61C24620}
 
{366632E2-06EC-4C1E-A252-55E615A70053}
 
どちらが「はっ」とするかは一目瞭然。
 
道の落ちてるゴミなど拾う人はあまりいませんが、着物を着た麗人が、腰を落とし、美しく拾って、さっと行き去る、その姿。
 
 
ああ、美しい。
 
これ、もちろんお洋服でも一緒です。
是非チャレンジしてください。
 
ただ、お着物の女性がこうすると、さらに美しさが際立つんですよね。
 
 
是非、貴女もしぐさ美人メソッドを身につけて、「忘れられない人」になってください。
 
モデルをしてくださったYさん。
 
今日も素敵な笑顔です。
 
 
{B9CCBEAB-E283-4E13-B9BF-35DE9448AF63}

最初に来られた時、うまく笑えない、特に口を開けて笑えないとおっしゃっておられました。それから、ほぼ毎日私のところに笑顔の写真を送ってくださっています。
 
 
努力の甲斐あって、どんどん笑顔が素敵になって来られました。
 
この笑顔だけでも、もうすでに「忘れられない人」でいらっしゃいますね。
 
貴女をもっと素敵に。
メイクで、笑顔で、しぐさで。そしてお着物で。
 
 
"忘れられない人になる。"
 
女子力向上研究所は、そのお手伝いをしたいと思っています。
 
女子力向上研究所の商品・サービスはこちらへ。
 

娘との誕生会

昨日は、娘の誕生会。

娘と食事するのは久々だ。

髪の毛を短くし、ピアスの穴はすこし増え、なんだか背が高くなった感じ。
 
「落ち着いて、お酒を美味しくいただきたい」の希望に、選んだのは、昭和町駅すぐそばの、文化財寺西家阿倍野長屋にある、"旬菜 旨魯(しろ)"さん。
 
 

昭和初期の、古き良き時代の味わい深い建物だ。
 
{88447AD7-ED75-42DC-A1E6-29502A5D75D7}

 
{CB79A9F2-ADD2-416E-8B42-0BDC99971ABB}

和食のコース料理に、つい、先日教えて頂いた和食マナー講座の復習になる。
にわか講師となる、わたくし。
 
ひとみも興味深そう。
 
懐紙を娘にももたせて、
 
{25DE75D7-CF06-40E6-96B7-3042CE93DF5A}
 
{602369CB-FE75-4837-BFA6-FED681C3A1B4}

お椀の時の箸の持ち方など、二人でやってみる。
 
「やっぱり、すごく綺麗にみえる(^^)ねぇ。」
 
感心して器用に真似する娘。
 
美しく、美味しいお料理が続く。
 
{75E402E8-B427-4309-BC42-DD188ADE9EC7}
 
{912551A3-E464-453E-A041-078C18E1C035}
 
{6DDD9691-EC48-41E6-8605-9EFE16F490EB}
 
{C57AB80D-9712-402B-8FE2-594F11F0D9C8}
 
{6EA87A78-60FD-4D52-85A2-740175C6A6E7}

あまりに美味しそうなので、撮る前につい食べてしまう。

撮れなかったお料理の数々。残念。

 

 

「ねえ、開けてもいいかなぁ?」
 

プレゼントの大きな包みに気もそぞろな娘。

 

どうぞ。

 
{9B862446-F63D-44DB-8D19-EAB11804BB39}


喜んでくれた。

 

中身は内緒。

 
「うち、プレゼントもバースデイカードも大好き。うちのために、選んでくれて、書いていくれて、っていうのが好きやから。
だから、こちらから欲しいものをいうんじゃなくて、今日も母の選んでくれるものがほしかってん。」
 
うんうん。
 
お店の方からも、とびきり美味しいお酒をプレゼントしてくださった。
 
{E1A910BD-5853-4C9D-BC80-A3A0F431B088}

花陽浴(はなあび)。
お姉さん夫婦と弟さんの3人だけでつくってられる小さな酒蔵。
 
パイナップルのような華やかな香り。
日本酒、って奥深いなぁ。
 
{0F2D0597-11C2-462C-A2AA-963205CFAD9E}

 

今日は来てくれてありがとう。

 

帰りの電車でずっと手を握りあっていた。