感性を磨くとは その2 【チャーミング哲学♪】 | 舛岡美寿子のブログ

舛岡美寿子のブログ

6年で5名ふつうの女性を独立事業家にプロデュース。家賃1万9千円のアパートに住む専業主婦でしたが 30歳ではじめた下着販売代理店で年商1億以上全国2%に入る実績を持つ。女性のお客様を増やしたい経営者専門企業コンサルでも、女性目線と結果には高い評価がある。


テーマ:
 
感性を磨くとは その2
 
恋する日本語 2 ということで・・・

  
『 泥 』 という字を書いて、送り仮名が 『 む 』

『 泥む(なずむ) 』 と読む

この『 泥む(なずむ) 』 という状態を
お知らせするエピソードが書いてあるんです



月に1度、食事に誘ってくれる彼がいるんですね

いつも会う度に恋が始まる予感がする


でも・・・
 
 



日本語って・・・ステキだと思いませんか~ そう思う~!

舛岡美寿子のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス