皆様お疲れ様ですおねがい

じょんうんです!


皆様は今、蘭丸で使っている卓
「アルティマ」の隠された機能はご存じでしたでしょうか?


通常は





1から9までの数字で
ヨンマやサンマ、果てには二人用までセットができ、さらにドラめくりや配牌のオン、オフなども設定できるのですが

じょんうん、とある情報筋から秘密のコマンドを教わる事に成功し…








普通では現れない「ABC」のモードを出現させることに成功致しました!

今日からこのモードを使った麻雀も可能となっておりますので、今回はこの三つのモードの説明を行おうと思います


まずはAモードを選んで牌を上げると…






牌山が本当に山になっています

これは昔地下競技場で血で血を洗うような激闘が繰り広げられた

 

 

 

 

 

アルプス麻雀

 

 

 

(Alps)


用のセットとなっています。

ルールとしては通常の麻雀とほぼ同じですが、最大の特長として







山の好きな所から牌を取ることが可能です


なので、だんだん取りづらくなってきてしまい…



崩してしまうと滑落(チョンボ)です。

地下競技時代は滑落は即ち「死」を意味するとの事で、即射殺だったと記録には残っていますが、蘭丸では8000オールのチョンボで済みます。


本来ならアルプス麻雀の伝説から語るべきなのでしょうが、そうするとこのブログでは書ききれないので、続いてBモードの説明です





例えばこんな牌姿を貰いました。
以下心の声
(あー面倒な形になったなー…まあいいや、てきとーにツモ切りしちゃおう)



えいっ!


バチバチバチバチ…!!


(!!??!??)
「痛い!!何事なんだよ!」


と、このように一連の流れではわかりづらいかも知れませんが、Bモードは
やる気の無い打牌、牌効率ミスなどを電気ショックで注意する

 

 

ビリビリモード

 

 

(BiriBiri)

となっています
卓が手牌と河の状況を管理し、間違えた打牌の瞬間に5000ボルトの電気が流れます(静電気より少し強い位の電圧)


これにより、ミスの許されない緊迫した闘牌を楽しむ事が可能です



「どうやって卓が牌を識別するんだ!」
「そんなバンバン電気流れたら死ぬだろ!むしろどうやって流してるんだ!」



と言うご意見もあるかと思いますが、これが隠しコマンドの凄い所です。



そしてCモードのご紹介。

実はこのモード、通常ヨンマモードと大して変わりはありません。


ただ、とある瞬間に店の電気が全て落ち、真っ暗になります。

その間わずか3秒位でしょうか?

再び電気が戻ると




「おい、なんか山の牌が足りなくないか?」


「お、おい…赤牌が一枚も無いぞ!?」

「っていうか、さっき明らかに刺さってた変なのはなんだよ!?」

こ、これはまさか…!!


 

キャッツアイ
(CAT'S EYE)

の仕業…!!


と言うわけでCモードを選ぶと、一定確率でキャッツアイが何らかの物を盗んで行きます。

牌だけならまだしも、点棒や身に付けている時計等の貴重品まで巻き込まれる可能性がありますので、皆様お気をつけ下さい。

 

 

 

と言う訳で、新機能、いかがでしたでしょうか?

この他にも隠された機能はあると情報筋からは聞いているのですが、これ以上秘密を公開してその筋の方から消されても困りますので、これくらいにしておきます!

 

 

 

それでは本日4月1日土曜日の卓リニューアルをお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ。。エイプリルフールネタです。。。

当然牌は普通に積まれますし、電流も流れなければ、キャッツアイに物を盗まれることはありません。

 

 

安心して蘭丸まで遊びに来て下さいね!

 

 

 

あ、でも。

A,B,Cが表示されるモードはアルティマには本当にあるんですよ!

 

何に使うかは…秘密ですけど!(にやり)

 

 

 

それではこの辺で。ABCモードの秘密を聞きたい方はじょんうんまで!