年金記録の持ち主が分からない「宙に浮いた年金」について、旧社会保険庁が全職員とOB計1万7649人を対象に昨年末実施した調査で、複数の元幹部が07年の問題発覚前から問題の存在を認識していたことが分かった。

 調査には1万6612人(94.1%)が回答し、厚生労働省や同省の「年金記録回復委員会」が解析中。25日の同委員会で、旧社保庁設立以来の部長以上の大半にあたる47人の回答が個人名を伏せて公開された。

 その中には「(在職時に)基礎年金番号が同一人に二つ以上付番されたケースが相当数あり、名寄せに数年要すると説明を聞いた。その後記録問題が明らかになった」「被保険者が最終的に受給(手続き)時に対応できると思っていた」などの回答があった。

 このほか、厚生年金記録の中に「実在しない事業所」や脱税目的などのための「幽霊加入者」、加入者がゼロの事業所の存在を指摘する回答もあった。虚偽の記録による「でっちあげの年金」につながる恐れがあり、さらに整理分析を進める。【野倉恵】

【関連ニュース】
ねんきん特別便:「訂正あり」、90万件の記録確認できず
厚生年金基金:未申請者14万6000人に
雇用:各党が政権公約に
企業年金
企業年金

たき火不注意で書類送検=山林火災に-宮城県警(時事通信)
泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生-足利再審公判(時事通信)
小沢氏、午後に聴取=都内で4時間予定-「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず(産経新聞)
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」(産経新聞)