民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市内で記者会見し、政治資金規正法違反容疑事件に伴う自らの進退について「できる限り公正な捜査に協力し、国民が理解できる結論を得て参院選に臨みたい」と述べ、幹事長を辞任しない考えに変わりがないことを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<原研機構>下請けの所得隠しで改善策を発表(毎日新聞)
旧自由党資金15億円、小沢氏団体に 藤井前財務相あて助成金装い(産経新聞)
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ-捕鯨問題(時事通信)
小沢幹事長は続投…日常業務は輿石氏へ一時委任(読売新聞)
戸建てなど10棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も-東京(時事通信)
AD