小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、陸山会側に1億円を提供した疑いが出ている三重県桑名市の中堅ゼネコン「水谷建設」の川村尚社長(52)が、16日の臨時株主総会で辞任した。同総会後の取締役会で、元取締役の水谷紀夫氏(69)が社長に就任した。

 同社管理部は、川村氏の辞任について「年末から体調を崩しており、健康上の理由」と説明し、事件とは「無関係」としている。

 川村氏は03年11月、社長に就任した。【高木香奈】

【関連ニュース】
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める
陸山会土地購入:小沢幹事長聴取、再び要請 東京地検
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
資金提供:「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部

コンピューターに過大な負荷=210便に影響-管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
鳩山首相、小沢氏続投を了承=「身の潔白信じる」(時事通信)
鳩山首相、小沢氏事件で「一蓮托生議論はナンセンス」(産経新聞)
特捜部係官、続々と捜索に=議員会館、6年10カ月ぶり緊迫-東京地検(時事通信)
駅で女子高生を盗撮容疑、JRの運転士逮捕(読売新聞)