【見どころ】2月2日(日)北千住・東京芸術センター ホワイトスタジオ 13時 | PURE-J女子プロレス

PURE-J女子プロレス

PURE-J女子プロレス所属選手の記事をリブログします!
最新情報と合わせてお楽しみください!!

2月2日(日)北千住・東京芸術センター ホワイトスタジオ 13:00
「SPRING Fight 2020 vol.2」

※オフィシャル記者寄稿


1)シングルマッチ 20分1本勝負
久令愛 vs 星月芽依(Marvelous)


 2020年初の北千住大会。久令愛はマーベラスの若手NO.1のスピードとスタミナを誇る星月芽依にチャレンジする。1年先輩の星月に対し久令愛は、「星月選手はスピードがあって自分の色を全面に出している、そんなイメージを持っています。私も自分の強みを生かした試合が出来るよう頑張ります!」と意気込み。得意の腕十字で動き回る星月を切り崩すができるか?


2)シングルマッチ 20分1本勝負
AKARI vs 水波綾


 1月の2大会で圧倒的なハイテンションと勢いのあるファイトで会場を沸かせた水波綾が、引き続き今大会にも参戦する。対するAKARIは入国管理局からビザの6ヶ月延長が認められ、ますます集中してプロレスに打ち込むことができる環境を手に入れたばかり。日々のトレーニングの成果をぶつけるには、もってこいの相手となるはずだ。


3)ピュアバトル シングルマッチ 20分1本勝負
ライディーン鋼 vs マリ卍


 PURE-J純血対決『ピュアバトル』としてライディーン鋼とマリ卍がシングル対決。「鋼さんは若手の高い壁になるとおっしゃっていましたが、私はその壁をよじ登るつもりでいます。体格もキャリアも勝る鋼さんからこの北千住で初勝利をあげたい。そして、初めてPURE-Jを観戦するお客さんにマリ卍の存在を焼き付けてやろうと思います」と話すマリ。一方の鋼は「マリ卍は着々と肉体改造をしてる中、私は食べて食べてパワーをつけてます。今の力を全部出してぶつかって来てほしいです。私は若手の気持ちを受け止めて上に上に行きたいと思います」と受けて立つ。


4)デイリースポーツ認定女子タッグ王座挑戦権争奪3WAYマッチ 時間無制限1本勝負
中森華子 vs KAZUKI vs 米山香織


 1・19王子大会で中森華子が山下りなとのタッグでタイトル挑戦をアピールすると、米山香織とKAZUKIが待ったをかけた。米山は『ボリショイ・チルドレン』のメンバーと、KAZUKIは『WANTED☆ウォリアーズ』での王座奪回を目指し、デイリースポーツ認定女子タッグ王座への挑戦権を争う3WAYマッチが行なわれることになった。手の内を知り尽くしている者同士だけに、いかに意表をついての攻撃で相手の裏をかくか? それが勝敗を分けるポイントとなるだろう。


5)スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
Leon&小林香萌 vs 勝愛実&花月


 センダイガールズで生まれ育ち、フリーを経てスターダムで3年を過ごした花月が2・24大阪での自主興行で引退を発表。1・26大阪でスターダムを退団して再びフリーとなり、わずか1ヶ月間の引退ロードが今大会よりスタートする。「フリー1発目の試合がPURE-Jさん。そして、こんな素敵なカードを組んでいただけて感謝! 久しぶりに関われるLeonさんと“かっちゃん”(勝愛実)…楽しみ過ぎる! そこに香萌までいると良い試合が出来そう。是非、ご期待ください!」と燃える花月。ベストメンバー4人による、まさしくスペシャルタッグマッチだけに見逃せない一戦となった。