【見どころ】2月10日(日)宮城・宮城野区文化センター 18時 | PURE-J女子プロレス

PURE-J女子プロレス

PURE-J女子プロレス所属選手の記事をリブログします!
最新情報と合わせてお楽しみください!!


テーマ:

2月10日(日)

宮城・宮城野区文化センター 18時の見どころです。

※オフィシャル記者寄稿

1、エキシビションマッチ 5分間
マリ卍 vs 藤ヶ崎矢子


 1年2ヶ月ぶりの開催となるPURE-Jの仙台大会。まずは昨年末の試合でヒザを負傷して以来、欠場を続けていたマリ卍が翌週の復帰に向けて5分間の試運転。仙台のファンには初顔見せで、これでようやく8人全員が出揃うことになった。2、パワー全開!! スペシャルタッグマッチ  20分1本勝負
KAZUKI&ライディーン鋼 vs 水波綾(WAVE)&長浜浩江(WAV E)


 デイリースポーツ認定女子タッグチャンピオンの『WANTED☆ウォリアーズ』KAZUKI&ライディーン鋼が、WAVEの水波綾&長浜浩江を迎え撃つ。鋼は「私は水波さんのあの迫力が好きなので、ぶつかり合いを見せたいです。長浜とは昔当たったことがあるような気がしますけど、あまり覚えてないです。でも、大きいので当たりがいはあると思います」とコメント。KAZUKIは「活動休止中だからこそWAVEっていう団体をより見せてくると思うんですけど、こっちもPURE-Jのタッグチャンピオンとして仙台に初上陸するので、仙台の皆さんにベルト姿を見せに行きます」と自信をみなぎらせている。
3、ボリショイ引退ロードvol.20スペシャルシングルマッチ 20分1本勝負
ボリショイキッド vs 里村明衣子(センダイガールズ)


 ボリショイの引退ロードも20戦目。現役最後となるPURE-J仙台大会では、なんとボリショイキッドとして“女子プロレス界の横綱”こと里村明衣子との一騎打ちという異色カードが実現する。「キッドとしては初対決だと思います。コマンドかキッドか悩んだんですけども、これまでにない里村選手と対戦したいと思って、あえてキッドで闘うことにしました。私のルーツであるボリショイキッドの世界に招待したいと思います。最後と思うと寂しいんですけど、まだ実感はないです」と話すボリショイ。はたして、里村はどのように受けて立つのか?4、Leon19周年記念五番勝負~獅子道・第二戦 シングルマッチ 30分1本勝負
Leon vs 勝愛実


 3月にデビュー19周年を迎えるLeonの5番勝負『獅子道』の2戦目の相手は勝愛実。「『獅子道』では唯一のPURE-J所属選手。未来を担う勝愛実に闘いを通して私の19年やってきたこと、想いを伝えたいと思います! 純血同士だからこそできる熱く激しい試合をした上できっちり勝利します!」と燃えるLeon。一方の勝は「唯一の同じ団体同士ということなので、大きな意味のある一戦なのかなと思ってます。特別ルールも入れてシングルで2連勝しているので、今までの勝ちはマグレではなかったということをしっかりと証明したいと思います」と連勝を誓う。5、We Love SENDAI スペシャルタッグマッチ  30分1本勝負
中森華子&藤本つかさ(アイスリボン) vs 藤ヶ崎矢子&DASH・チサコ(センダイガールズ)


 メインイベントでは中森華子が宮城県出身の藤本つかさと約5年ぶりとなるタッグを結成。藤ヶ崎矢子は地元センダイガールズのDASH・チサコとのタッグで対峙する。中森は「PURE-Jとしては2回目の仙台なんですけど、私の母が宮城出身で親戚とか祖父母が住んでるので、第2の故郷だと思ってます。チサコと1年ぶりの対戦なのですごい楽しみです」とコメント。敗者髪切りマッチで話題を集めた中森とチサコの再会、昨年の女子プロレス大賞に輝いた藤本はこのメンバーの中でどのような闘いを見せるのか? そしてトップレスラー3人の中に入る藤ヶ崎がその立ち振る舞いで存在感を発揮できれば、勝負はどのように転がるかわからないだろう。スペシャルタッグマッチと称するにふさわしい豪華カードだ。

PURE-J☆amebloさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス