【見どころ】1月13日(日)板橋グリーンホール 13時 | PURE-J女子プロレス

PURE-J女子プロレス

PURE-J女子プロレス所属選手の記事をリブログします!
最新情報と合わせてお楽しみください!!

1月13日(日)板橋グリーンホール
「2019年開幕戦」13時の見どころです。
※オフィシャル記者寄稿

 1)シングルマッチ 15分1本勝負
勝愛実 vs 有田ひめか(Beginning)


 2019年の開幕戦、そのオープニングマッチを務めるのは勝愛実とアクトレスガールズ・有田ひめかの若手パワーファイター対決だ。勝は初対決となる有田について「密かに闘いたいなと思っていた選手なので嬉しいです。真っ向からぶつかれるのを楽しみにしつつ、開幕戦からかっ飛ばしていきたいと思います。久々のオープニングマッチなので、しっかりと会場を盛り上げていきます!」と意気込みを語った。

2)シングルマッチ 15分1本勝負
Leon vs 宮城もち(アイスリボン)


 Leonは宮城もちとシングル初対決。昨年末に虎の子といえるタッグのベルトを手放したLeonにとって、再出発の年明けとなる。「お互いに年末にそれぞれ保持していたタッグのベルトを獲られ、もち選手も悔しい年越しになったと思います。お互い悔しさバネに激しいになると思いますが、更なる飛躍の年にする為にも開幕戦を勝利で飾ります!」と必勝を期している。

3)ボリショイ引退ロードvol.17 シングルマッチ 30分1本勝負
コマンド ボリショイ vs 春日萌花


 引退まで残り3ヶ月となったコマンドボリショイは、レギュラー参戦中の春日萌花と一騎打ち。コンディションが心配されるボリショイだが、「引退ロードで初シングル! 伝えたい想い、盗んで欲しい事はたくさん! 2ヶ月前に受傷した左ヒザはほぼ回復! 何より思いっきり戦えるのが楽しみです!!」と元気いっぱい。PURE-Jの中心に立つことを目標に掲げる春日にとっては、自身の実力と存在感をアピールする絶好のチャンスだ。

4)タッグマッチ 30分1本勝負
KAZUKI&ライディーン鋼 vs真琴&清水ひかり(Beginning)


 12・23北千住大会で難攻不落の『P-Ray-L』を破りデイリースポーツ認定女子タッグチャンピオンとなった『WANTED☆ウォリアーズ』KAZUKI&鋼は、真琴&清水を迎え撃つ。この一戦を前に真琴は「私も我闘雲舞さんのタッグチャンプなので負けるわけにいきません。清水さんも私も体格では劣るので、どういう戦法で臨もうかなと考えています」とコメント。はたしてWANTEDは開幕戦できっちり勝利を上げることができるか?

 5)PURE-J認定無差別級選手権 30分1本勝負
〈王者〉中森華子 vs 藤ヶ崎矢子〈挑戦者〉



 12・23北千住大会のメインイベントで行なわれたPURE-J7選手によるバトルロイヤルは藤ヶ崎矢子が優勝。マイクを持つと意気揚々と、「年内最終興行で私が勝ったってことは、2018年でもっとも私が強いってことですよね~っ!? …ということは私が無差別のベルトに挑戦する権利があるはずですよね? 私、もう勝手に決めます。中森さんの持つベルトに挑戦します!」と一方的に宣言した。昨年も開幕戦で無差別王座(チャンピオンはDASH・チサコ)に挑戦している藤ヶ崎は、2年連続で新年早々のビッグチャンスを手中にしたことになる。一方、6度目の防衛戦となる王者・中森華子は「矢子の勢いみたいなものは感じることはあるけど、別に。そんな簡単なベルトではない」と揺るがない。開幕戦からいきなりの大一番が実現する。