物語の切り絵 『伏』 | Juriの切り絵

Juriの切り絵

切り絵やってます。猫飼ってます。時間つぶしの読書が趣味です。
よかったら切り絵ホームページも見てね
右側の人魚のバナーをクリック。

えーん。。

だいぶ長い記事書いたのにエラーが出て消えたー

貼り付けた画像をクリックするとなる

これ何回かやってたのにー

学習しない

思い出しつつまた書くしょぼん

ちょくちょく下書き保存します・・・



先日から作っていた切り絵完成しました
Juriの切り絵


これは桜庭一樹さんの著書『伏 贋作 里見八犬伝』をイメージして作りました

伏姫と八房が森をさまよっているところです


本来は本をイメージした切り絵ってその本の挿絵や表紙を描いている作家さんがいらっしゃるので

失礼な気がして作っていませんでした。


しかしシェイクスピアや歌舞伎の古典ならいいんじゃないか。

ミヒャエル・エンデならもう結構前の物語だしいいんじゃないか。

特定な物語って分からない切り絵ならいいんじゃないか。

とどんどん垣根が低くなって今回とうとう作りました


結構情景そのままのつもりで作ったので分かる人が読めば分かるかな?


しかし唯一のポリシーとして物語の切り絵は

一切販売しない、ポストカードにしないと決めています。

なのでこれは私だけの切り絵。


イメージがはっきりしているので作っていて楽しかったです。

本当はもっと淡い感じにしたかったのですが

色の選択肢が少ないからか、私の力不足なのかこうなりました


ホームページではスキャナで取り込んだ画像をアップしてます

そちらもどうぞ

↓クリックで 切り絵 Juri Arie へ
Juriの切り絵