四世紀後半の谷口古墳

 

=========

 

 
 
 
 
 
 
 
佐賀県唐津市浜玉町の谷口古墳は四世紀後半(369年)に築かれたと言われています、、、、

 

 

 
国指定史跡です、、、、 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古墳時代の中期の初めです、、、、

 

 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

全長約77mの前方後円墳です、、、、

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
その副葬品に和製の三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)が見られることなどから、その頃までには、この地方が畿内を中心とする政治体制に完全に組み込まれていたことが分かると言われています、、、、
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この谷口古墳のそばを流れる谷口川は玉島川へ流入します、、、

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

四世紀後半のころ、神功皇后は、この玉島川のほとりで鮎を釣り上げ、新羅征服の戦勝占いをしたと伝えられいます、、、、

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その玉島川は唐津湾に流入しましす、、、、

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その唐津湾は玄界灘へ続きます、、、、

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その玄海灘の先には朝鮮半島があります、、、、、

 

 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
古墳時代の唐津地方は、畿内のヤマト政権の支配を受けながらも朝鮮半島からの文化の窓口として重要な土地であったと言われています、、、

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、この谷口古墳からは松浦佐用姫伝説の領巾振山が見えます、、、、

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
その谷口古墳築造(369年)にの168年後の537年に松浦佐用姫伝説の大伴狭手彦が朝鮮に出兵しました、、、、

 

 

 

 

 

 
 

=========

 私のブログを最後までお読み頂きありがとうございました             

==============

人気ブログランキングに参加しています。

よろしければ、ご協力お願います。

クリック下さると嬉しいです。

順位が上がれば、ブログを書く励みになります。

   

 https://blog.with2.net/link/?1830028

 

アートフォト人気ブログランキング  https://stat.ameba.jp/user_images/20200701/21/jupiter1m4b1/89/e4/p/o0110003114782736347.png