唐津、水野藩の藩校の中門

 

 

 

 

 

=========

 

 

 

 

 

 
 
唐津市にある水野藩の藩校の中門です。
 
 
寺沢氏が礎を築いた唐津は、大久保、松平、土井、水野、小笠原の譜代大名に受け継がれ発展してきました。
 
 
唐津歴代の藩主は長崎監務や九州の有力外様大名の監視役も担いました。
 
 
そして、江戸から遠い唐津への転封(てんぽう)は、将来を約束された昇進の一過程でもあったようです。
 
 
宝暦12(1762)年、土井氏に変わり、三河の岡崎から水野忠任が入封しました。
 
 
水野氏は忠任、忠鼎、忠光、忠邦の4代56年在封しました。
 
 
文化14(1817)年、水野忠邦は遠江の浜松へ移封し、幕府の寺社奉行になり、そののち老中となり天保の改革を行いました。

 

 

 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 

=========

 私のブログを最後までお読み頂きありがとうございました             

==============

人気ブログランキングに参加しています。

よろしければ、ご協力お願います。

クリック下さると嬉しいです。

順位が上がれば、ブログを書く励みになります。

   

 https://blog.with2.net/link/?1830028

 

アートフォト人気ブログランキング