国指定史跡の葉山尻支石墓群

 

 
=========
 

 

はるか昔より日本は中国大陸、朝鮮半島の文化を受け入れながら発展を続けてきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
その窓口として、特に古代において重要な役割を果たしたのが唐津・東松浦地方です。

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
なかでもここ鏡地区は稲作やお墓の形式などをいち早く取り入れた遺跡が数多く点在し、日本の弥生時代を紹介した中国の書「魏志倭人伝」の「末盧国」の中心地であったと言われています。

 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
佐賀県唐津市鏡地区の半田にある国指定史跡の葉山尻支石墓群です。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
丘陵地に縄文晩期から弥生中期にかけての支石墓や甕棺墓が多数発見されました。
 
 
 

 

 

 
 
 

 

 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

 
 
支石墓とは、六個から八個の支石で大きな上石をのせ、その下に埋葬施設が作られているものです。
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
朝鮮半島で行われていた墓制が伝えられてものとして注目され、日本で初めて支石墓としての学術調査が行われたことから国史跡に指定されています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

=========

 私のブログを最後までお読み頂きありがとうございました             

==============

人気ブログランキングに参加しています。

よろしければ、ご協力お願います。

クリック下さると嬉しいです。

順位が上がれば、ブログを書く励みになります。

   

 https://blog.with2.net/link/?1830028

 

アートフォト人気ブログランキング