鏡山・望夫石(ぼうふせき)

テーマ:

数多くのブログの中から、この私のブログに、お越しいただきありがとうございます。 

(*Oノ ̄*)(=⌒▽⌒=)

 私、今回のブログは、次の事を書きます。

 

鏡山・望夫石(ぼうふせき)

 

=========
 

私、鏡山の麓の河畔公園を歩きました、、、、、

 

 

 
 
 
 
一部、秋の紅葉がありました、、、、

 

 
 
 

 

 

 

そして、鏡山にまつわる佐用姫伝説に思いを馳せました、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

その公園の一角に、広瀬淡窓の詩碑がありました、、、、

 

 

 

 
 
 
 
鏡山・望夫石(広瀬淡窓)
美人何処在
幽石白雲迷
一夜聞環佩(かんぱい)
珊珊(さんさん)落月西
 
 
「美人、いづくかに在る。
石幽かにして、白雲迷う。
一夜環佩(かんぱい)をきき、珊珊(さんさん)として、月、西に落つ。」

 

 

 

 

 
 
 
 
=========

 

 
 
 
 
 
美しい佐用姫はいったい、どこにいるのか
 

 

 

 
 
小暗い望夫石の上には白い雲が漂っている
 
 
 

 

 

 

 

 

ある夜貴婦人の腰飾りの珠玉の響きを聞く
その音を聞いている内に
 
 
 
 

 

 

 

 

月が西に落ちていった
 
 

 

 

 

 

 
 
 
佐用姫が現われたのであろうか
 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

=========

 

 
 
佐用姫伝説はその後、さまざまな文学作品で採り上げられ、伝説もさまざまに伝えられたりして、石化(望夫石)伝説なども生まれました。

 

 
 
 

 

 
 
 
==============

 私のブログを最後までお読み頂きありがとうございました             

==============

 

佐賀県人気ブログランキングに参加しています。

よろしければ、ご協力お願います。

クリック下さると嬉しいです。

順位が上がれば、ブログを書く励みになります。

   

 https://blog.with2.net/link/?1830028