Democracy Now!

2019/5/24(金)

米国司法省は、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジをスパイ法違反の17件の罪状で起訴するという、過去に例のない動きに出ました。

イラクとアフガニスタンにおける米国の戦争犯罪を暴露した米国の軍事および外交関連の機密文書の公表に果たした役割のためです。機密文書は米国陸軍の内部告発者チェルシー・マニングによって漏洩されました。

1917年制定のスパイ法は、これまでジャーナリストや報道機関を訴追するために使われたことはありません

この一カ月前、英国警察がロンドンのエクアドル大使館からアサンジを強制退去させました。

アサンジは2012年に亡命申請して以来、エクアドル大使館に身を寄せていました。

当初トランプ政権はアサンジが米国政府のコンピュータをハッキングする手助けをしたという一件の容疑のみで起訴視していましたが、新たに追加された罪状のそれぞれがスパイ法違反で10年の刑を加算するので合計で170年の禁固刑になる可能性があります。

アサンジの弁護士ジェニファー・ロビンソンと話します。 「これは報道の自由に対する重大な脅威であり、世界中のジャーナリストや出版社にとって懸念すべきことです」とロビンソンは言います。

 

 

米国司法省がウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジをスパイ法違反容疑で起訴したことについて、有名な米軍の内部告発者ダニエル・エルズバーグに話を聞きます。エルズバーグは 1971年、スパイ法違反の容疑で起訴されました。ベトナム戦争に関する米国の最重要機密文書をニューヨーク・タイムズ紙に漏洩した容疑です。

エルズバーグは起訴により100年以上の禁固刑を受ける可能性がありました。 「報道の自由に対するこれほど重大な攻撃は、実際1971年の私の訴訟以来です」

 

 

ジュリアン・アサンジに対するスパイ法違反の訴追は、ジャーナリズムと内部告発を犯罪にしようとするトランプ政権の試みの最新のものに過ぎません。

 

米陸軍内部告発者チェルシー・マニングは、大陪審で証言することを拒否したため再び収監されています

 

 2週間前、米軍のドローン作戦を内部告発した容疑でダニエル・ヘイルがテネシー州で逮捕されました。

 

ジェレミー・スケイヒルが出演するインターセプトの新作ビデオ『トランプの内部告発者への攻撃を懸念すべき理由』を放映します。

 

その後スケイヒル本人と米軍内部告発者ダニエル・エルズバーグの二人に、企業メディアがアサンジや内部告発者たちの擁護に立ち上がらなかったことについて聞きます。