そう信じてた | 幸光ママJUNが伝えたい事
新型コロナウイルスに関する情報について

幸光ママJUNが伝えたい事

動物実験反対!
リアルファー反対!食肉反対!
生きとし生ける命が
幸せ満ち溢れる世界を☆
ペットロス真っ最中

{EF4F496C-C68B-4A03-B531-757B1CF69DD9}
幸三郎は いなくならない ずっと私の傍に居てくれる
そう思ってた 
そう 信じてた
そう 確信してた
私より先に逝くことは解りつつも そう思ってた
そう感じてた
幸三郎には 幸三郎にだけは 私の全てをさらけ出せた
幸三郎はいなくならない そんな安心感があった
最期 私は 幸三郎に泣き付くことを必死で抑えた
本当は " 逝かないで! おいて逝かないで! " って言いたかった
でも 幸三郎は限界の限界まで 私のために頑張ってくれたこと 私のために限界の限界まで居てくれたことは痛いほど解ってるし あんこ太郎の時の後悔を繰り返したくないし 何より 幸三郎に辛い思いをこれ以上させてはいけないと思った
だから 言えない言葉だった
幸三郎と離れる時が来る
そんな事 初めから解ってた
だから日々を大切にしていたつもり
でも 後悔ばかり
もっと時を大切にできたはず
でも 幸三郎は私をおいて逝かない そんな確信もあった
確証のない確信があった
幸三郎はずっと私の傍に居てくれる
私を独りにはしない
そんな気がしてた
だから? 幸三郎は私に光之犬を遺してくれた
そうでしょ? 幸三郎 
{E1D2DF9E-7DC3-4D7B-8D4D-1C72C5684766}
幸三郎は 脳梗塞の後 涙する事が何度かあった
幸三郎は何も言わなかったけど 自らの先を理解し そして 私と離れる事への辛さからの涙だったのだと思う
あの時 私も同じ想いだった
だから 一緒に泣いた
{E78D890C-60A7-4F51-AF9D-01C4A378A9BF}
あの頃はまだ光之犬を里親様に託そうと思ってた時だった
光之犬は 
私が気を抜いたら 居なくなってしまう 
そんな不安がいつもある
幸三郎は呼んだら必ず来てくれる
光之犬は呼んでも来てくれない時が多々ある
幸三郎も幸三郎らしく生きてほしくて そうしてきた
光之犬にも光之犬らしく生きてほしい
だから 強要したくない
私の思い通りになんかならなくていい
霊感のある人に教えてもらった
幸三郎は私と出逢い私を守るために生を受けた
だから巡り逢えた事だけでも奇跡なんだ と
本当にそうでした
幸三郎はいつも私を守ってくれた
幸三郎はいつも私だけを見ていてくれた
幸三郎は自分のことより私のことを大切にしてくれた
そして 私のために光之犬を遺してくれた
私が独りにならないように…
私がダメにならないように…
私が死んでしまわぬように…
私の命はいつも幸三郎と共にある
幸三郎が私に全てを教えてくれた
甘えること 甘えられること 甘えてもらうこと
真の愛 本当の家族 本当の友情 真の幸せ 心からの笑い 思いやるが故の怒り 苦しみ 心の底からの痛み どうしようもない悲しみを…
生きる全てを幸三郎が私に教えてくれた
それを今 私は光之犬に注いでる
幸三郎とは心から喧嘩した
たくさん喧嘩した
光之犬とは違う喧嘩
光之犬との喧嘩はじゃれ合う喧嘩だから
幸三郎 今 何を想ってる?
お母さん いつまで泣いてるの?とか?
お母さん 話したでしょ
ずっと ずっと 再会できるまでずっと泣いてるよ
でもね幸三郎 あなたは悲しまないで
お母さんが泣いてても 幸三郎 あなたは悲しまないでほしい
また お母さんのワガママだよね
でも幸三郎 解ってるでしょ?
お母さんは幸三郎がいないとダメだって解ってるでしょ?
でも お母さんがんばるね
再会できる時まで 頑張るからね
頑張らないと 幸三郎 再会してくれないでしょ?
だからお母さん 頑張るからね
見ててね幸三郎
{531A16CD-8511-45D7-8403-1212CF680C6B}

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ    

愛知県動物保護管理センター
保護動物開示・里親募集もしています

岡崎市動物総合センター・Animo(あにも)
犬猫里親募集しています

【シェルター設立のために支援をお願いします】