筑波山日帰り温泉小旅行 | ほえろ、タカハシ!

ほえろ、タカハシ!

日々の仕事のことや新聞・雑誌・テレビ・本で見たり聞いたり読んだりしたことについて書いていきます。よろしくお願いします(*^_^*)


テーマ:
3月10日(日)の日記

本日は晴れ。
風強し。
ポカホンタス。

午前中よりお出かけ。
妻が企画した筑波山温泉日帰り旅行。
浅草からつくばエキスプレスで終点のつくば駅へ。
各駅停車でのんびり向かう。
電車はすいている。

11時すぎつくば駅到着。
はじめてのつくば駅。
広い駅。
いかにも新興の街。
直線的に区画されている。
「おかえりなさい星出さん」の垂れ幕発見。
宇宙の街でもあるのだな。
筑波山直行のバス乗り場に長蛇の列。

これでは座れない。
今日は梅まつりがあり、人も車もコミコミだという。
仕方なく、筑波山口までのバスに乗る。
延々と続く長い直線道路をひたすらバスは走る。
乗ること、約1時間、筑波山のふもとに到着。
三重から来た女性とタクシー相乗りで
筑波山神社へ。
狭い道を地元のタクシー運転手がクネクネと進む。
まさに裏道。
得意げに運転している。
筑波山神社近くのお食事処でおそめのランチ。
カツ丼を食す。
ふつうのカツ丼、ふつうの味。
小さな子供がキャンキャン叫んでいる。

妻は筑波山登頂を望むも、
時間がおそいので、断念。
筑波山神社でお参りして、
日帰り温泉を体験して、筑波山をあとにする。

アルカリ温泉は900円。
浴場はせまかったが、
久しぶりの温泉に気分もほてる。
花粉はひどい。
杉の木もあり、くしゃみがとまらない。
二人して、鼻腔を完全にやられる。

夜7時帰宅。
日本酒熱燗一合。
浅草駅近くのすしざんまいの持ち帰り寿司、
セキネのシュウマイなどを食す。
デザートに妻の手作りケーキをいただく。
形はいびつだが、手作りらしい、おだやかな味。
録画済のテレ朝「渡辺篤史の建物探訪」を見る。
ニューヨーク在住の建築家の息子が建てた家。
ワオ。
つづいて各局報道番組をパトロールして、
夜11時就寝。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
黄金の庭/高橋 陽子
¥1,260
Amazon.co.jp

タカハシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス